「コア技術開発センター エプソン」から探す!IT製品・セミナー情報

「コア技術開発センター エプソン」 に近い情報
「エプソン」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「コア技術開発センター エプソン」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「エプソン」に関する特集



エプソンが強いのは相変わらずですが、売れ筋に大異変!軽量モバイルの時代は去り、10万円以下の低価格高機能モデルがキターッ!


カテゴリ  プロジェクター |


「エプソン」に関するニュース



 エプソンダイレクト株式会社は、ビジネススタンダードPCの新モデル「Endeavor AT993E」の受注を開始した。「Endeavor AT993E」は、省スペース性と拡張性を兼ね備えた本体ケースを採用している。CPUは、コストパフォーマンスに優れたCeleronプロセッサから、4コア/8スレッドで高速処理に優れた第6世代Core i7プロセ…


カテゴリ  デスクトップパソコン | その他エンドポイントセキュリティ関連




 エプソンは、会計事務所向け会計ソフト「INTER KX 財務会計R4」「財務顧問R4 Professional」のオプションサービスとして、建設/土木業、製造業の工事別(製造別)原価管理に対応した「Weplat 財務会計 原価管理オプション」の提供を開始した。「Weplat 財務会計 原価管理オプション」は、建設業(製造業)の原価管…


カテゴリ  会計システム | 特定業種向けシステム




 エプソンは、写真館向けプリンティングシステム「CRYSTARIO」の新製品で、インクシステム“Epson UltraChrome K3インク”を採用し、画質向上を図った「PPPS-III」シリーズ2モデルを7月中旬に発売する。「CRYSTARIO」は、写真館というプロの現場で、簡素なオペレーションで高画質・高品位なプリントを行なえ、写真…


カテゴリ  特定業種向けシステム | プリンター



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「コア技術開発センター エプソン」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ