「クラスト ISP」から探す!IT製品・セミナー情報

「クラスト ISP」 に近い情報
「ISP」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラスト ISP」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説プロバイダ(ISP)とは?

ISP(アイエスピー,Internet Services Provider)とは、インターネット接続サービスを提供している事業者のこと。電気通信事業者の一つ。接続サービスのほかにもメールサービスやWebサイト構築サービス、ブログサービスなど、幅広いサービスを展開している。大手ISPでは自社で大規模なインターネットバックボーンを運用し、併せてインターネットデータセンタを運営しているところが多い。しかし、中小ISPでは大手ISPのサービスに独自ブランドをつけてサービスを再販している場合もあり、運営形態は様々である。

「ISP」に関するIT製品情報

Netwiserシリーズ IPv6/IPv4トランスレーター  2015/11/01


セイコーソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 本体価格:150万円(税別)

カテゴリ  ネットワークスイッチ | ネットワークハブ | インターネットVPN | ネットワーク管理

製品概要  IPv6/IPv4ネットワーク間の相互通信を実現するコンパクトかつ高信頼のアプライアンス製品。ネットワーク形態にあわせ柔軟な導入が可能。

オススメユーザー  IPv4環境を活かし、IPv6サービス開始を検討している担当者や組織・企業。IPv6移行とIPv4アドレスの延命を検討するISPの担当者。


AX3600Sシリーズ  2013/07/15


アラクサラネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 AX3650S-48T4XW 291万円〜(税抜)AX3650S-20S6XW 296万円〜(税抜)AX3650S-24T6XW 190万円〜(税抜)

カテゴリ  ネットワークスイッチ | IPS

製品概要  基幹ルータの高信頼・高機能を凝縮し、10Gアップリンク、PoE、仮想化、省エネに対応したボックス型ギガビットレイヤ3スイッチ。中小規模ネットワーク用コアスイッチ製品。

オススメユーザー  拠点間接続や構内LANを構築しながら、省スペース化も考えている企業や、ISP・公共・文教市場。


AX8600Sシリーズ  2014/09/26


アラクサラネットワークス

企業規模  大企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 1425万円〜(AX8608S)※税別

カテゴリ  ネットワークスイッチ | その他仮想化関連 | データセンター運用

製品概要  最高100GbE×16ポート、最大スループット6.4Tbps、フルルート対応の経路テーブルなどをサポートした大規模バックボーンネットワーク向けのハイエンドコアスイッチ。

オススメユーザー  大規模バックボーンネットワークに最適なコアスイッチを探している通信キャリア/ISPやデータセンター、企業/大学/研究所など。


スパムメール/誤送信対策アプライアンス 「SpamSniper」  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 アプライアンス版・仮想アプライアンス(VA)版 ともにオープン価格※初年度分の製品保守料金が付属。(オンサイト保守除く)

カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  ・チューニングフリーでスパムメール検知率96%以上、誤検知率ほぼ0%・情報漏洩、誤送信対策機能を搭載・ユーザ数無制限・バイパスカードが標準搭載

オススメユーザー  ●現在のアンチスパム製品に不満の企業●メール誤送信対策を行いたい企業●複数ドメインを1台で管理したい企業やISP/CATV事業者


「ISP」に関する特集



携帯電話を狙った初のスパイウェアが発見されました。その仕組みと、増加の一途をたどるモバイルマルウェアの動向を解説します。


カテゴリ  アンチウイルス |




ISPの無料サービスでおなじみのWebメール。その便利さを活かしつつセキュリティ対策もバッチリの企業向け製品とサービスをご紹介


カテゴリ  その他メール関連 |




 フィッシングは、インターネットを介した様々な攻撃の中でも、詐欺に相当するサイバー犯罪の1つの手口として捉えられることが一般的である。標的とされるものは、例えば銀行のオンラインバンキングに使用する認証情報やクレジットカード番号など、オンライン決済サービスに関する情報など、金銭に関わるものが多い。ただ、これは従来の話(かつ現在も継続している)であって、近年においてはSNSやポータルサイトにログインするための認証情報やISPが運営するWebメールサービスへの認証情報、変わったところでは航空会社が運営するマイレージプログラムへのログイン情報など、その標的は広がってきていると言える。直接金銭に関わるサービスから間接的に金銭に関わるかもしれないものへと、その対象が広がってきていると言えよう。取り違えのないよう再度念を押すと、標的となる対象が時間の経過と共にシフトしてきているのではなく、従来型の金銭狙いのものは根強く残っている中で、新たな攻撃対象に触手が広がっているという捉え方が妥当であろう。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「ISP」に関するニュース



 システム計画研究所(ISP)は、人工知能(AI)や深層学習(Deep Learning)を応用したコンクリートひび割れ検出エンジン「ひびここ」を6月22日に発表した。本エンジンでは、カメラ画像からコンクリートのひび割れを自動検出する。少量の学習データで高速に学習でき、インフラ検査・維持のコストや負担の軽減が図れ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データ分析関連




 アイエスピーは、健康診断結果票に記載されている文字を、OCR(光学式文字読み取り技術)を利用して、スマートフォンのカメラからリアルタイムに解析・抽出できる「かざしOCRライブラリ2.0」をリリースした。本製品は、スマートフォン(iPhone/Android)向けのアプリに組み込んで利用できるライブラリだ。スマー…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連 | OCRソフト | その他開発関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クラスト ISP」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ