「クラウドCTI 仕組み」から探す!IT製品・セミナー情報

「クラウドCTI 仕組み」 に近い情報
「クラウドC」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウドCTI 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「クラウドC」に関する特集



「CloudStack」「OpenStack」など、クラウド(IaaS)構築を実現するオープンソースソフトウェアが注目を集めている。デスクトップ仮想化を手がけてきたシトリックスが積極的に進める“オープンなクラウド”とは?


カテゴリ  その他運用管理関連 |




 今日、多くの企業がモバイル端末の活用を進めています。例えば、今や企業向けストレージサービスの代表格となった「Box」は2012年に、企業向けのクラウドCRMなどを展開するセールスフォース・ドットコムは2013年にモバイルアプリをリリースし、企業向けサービスでもモバイルアプリの提供に積極的です。一方で、Evernoteのように、一般的にはコンシューマー向けと位置付けられているアプリの業務利用も増えています。IT部門はこのように業務利用として支給されるモバイル端末上でさまざまなアプリが利用される状況をどのように管理していけばいいのか、頭を悩ませているのではないでしょうか。 「モバイル端末を業務で利用する」ということは、端末が社内ネットワークに接続されることを意味します。その際、業務メールだけでなく、先に述べたような企業向けアプリを介して顧客情報を含むさまざまな機密情報にもアクセスできる可能性があることを意味します。 モバイル端末から社内ネットワークへの接続は、今まで「堅牢なセキュリティ対策が施された」会社支給PCや社内ネットワークから限定的に行われてきました。それでは、同様の作業をモバイル端末で行う場合、端末や利用環境は「堅牢なセキュリティ対策」が施されていると言い切れるでしょうか?


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | MDM


「クラウドC」に関するニュース



 システムリサーチは、CRMソリューション「WArm+」(ウォームプラス)クラウド版の提供を2017年1月5日に開始する。WArm+は、PCやスマートフォン、タブレットなど、デバイスを問わず利用でき、顧客情報をリアルタイムに共有できる。例えばコールセンターのオペレーターと外勤の営業員の間で緊急要件を即時に共有でき…


カテゴリ  CRM | コールセンター/CTI




 シックス・アパートは、CMSのマネージドサービス「Movable Type クラウド版」を刷新し、大規模Webサイト運用やWebサイト移転への対応を強化した。本サービスでは、クラウド環境にインストールした最新版のCMS「Movable Type」を利用でき、サーバの監視やバックアップにも対応する。今回の刷新では、既存のプラン「…


カテゴリ  CMS |




 サイバーセキュリティクラウド(CSC)は、クラウド型WAF「攻撃遮断くん サーバセキュリティタイプ」に「使い放題プラン」を追加した。価格は月額80万円(税別)。「攻撃遮断くん」は、WebサイトやWebサーバへのさまざまな攻撃を遮断するセキュリティサービス。クラウド型のため、保守や運用の手間が省ける。同サー…


カテゴリ  WAF |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クラウドCTI 仕組み」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ