「クラウド会計 ワンタイムパスワード」から探す!IT製品・セミナー情報

「クラウド会計 ワンタイムパスワード」 に近い情報
「クラウド会計」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウド会計 ワンタイムパスワード」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説OTP(ワンタイムパスワード)とは?

OTP(ワンタイムパスワード)とは、1回限りの使い捨てパスワードを用いて本人認証を行うことで、高い安全性を確保できる認証技術。桁数が多く意味のない数字・英字の羅列など、推測が難しいパスワードを用いつつ、定期的にパスワードを変更する仕組みになっている。ワンタイムパスワードの生成・表示には主にトークンが用いられるが、そのトークンの小型化や低価格化、更に携帯電話やスマートフォンを用いる方式の登場などにより、利便性が高まっている。

「クラウド会計」に関する特集



 2016年7月13日〜15日、東京ビッグサイトで開催された「総務・人事・経理ワールド2016 会計・財務 EXPO」の特別講演(13日)では、「Fintechがもたらすクラウド会計の未来!」と題し、マネーフォワード代表取締役社長(CEO)辻庸介氏が登壇した。


カテゴリ  会計システム |


「クラウド会計」に関するニュース



 freeeは、「クラウド会計ソフト freee」を、請求書の郵送に対応させた。価格は1通150円。クラウド会計ソフト freeeは、請求書の作成から送付まで、事業者の経理業務を効率化できるクラウド型会計ソフト。freee上で請求書のやりとりを行える「スマート請求書」の機能を利用することで、従来の請求書作成機能に加え…


カテゴリ  会計システム | 帳票管理システム




 freeeは、「クラウド会計ソフト freee」の経費精算機能を10月下旬にリニューアルする。「クラウド会計ソフト freee」では、受け取った領収書やレシートをスマートフォンで撮影し、同クラウド上にアップロードしてそのまま経費精算申請を行える。今回のリニューアルでは、2016年度の税制改正で電子帳簿保存法のスキ…


カテゴリ  会計システム | その他スマートデバイス関連 | ワークフロー | 帳票管理システム




 freee株式会社は、「クラウド会計ソフト freee」で、人工知能(AI)を活用して強化した自動仕訳機能“仕訳登録AI”の提供を6月末に開始する。「クラウド会計ソフト freee」では、クレジットカードや銀行口座の情報を入力することで、同期された情報をもとにAIを利用して自動で勘定科目を推測し、仕訳を作成できる…


カテゴリ  会計システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クラウド会計 ワンタイムパスワード」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ