「クラウド ACTIVE DRIRECTORY オンプレ」から探す!IT製品・セミナー情報

「クラウド ACTIVE DRIRECTORY オンプレ」 に近い情報
「クラウド ACTIVE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウド ACTIVE DRIRECTORY オンプレ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「クラウド ACTIVE」に関するIT製品情報

社内ファイルサーバサービス  2015/03/31


JECC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■社内ファイルサーバサービス 1TBモデル・初期費用 5万円・月額費用 5万5000円(税別価格)

カテゴリ  ファイルサーバ |

製品概要  ・L2-VPN付きのクラウド型大容量Windowsファイルサーバ・ドメイン参加、Active Directory連携を簡単に実現・500GB〜10TBの大容量ディスク

オススメユーザー  ファイルサーバのクラウド化を検討している企業


OneLogin  2016/04/15


インフォコム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 100名利用まで(月額/税別) Starter:250円 Enterprise:480円 Unlimited:850円

カテゴリ  シングルサインオン | タブレット | スマートフォン | 認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  4000以上のクラウドサービスや社内システムとの連携が可能なシングルサインオンサービス。Active DirectoryやLDAPとの連携にも優れ、多様な認証で高セキュリティを実現。

オススメユーザー  社内のWebアプリケーションや多彩なクラウドサービスを対象に、シングルサインオンを導入したい企業。


クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」  2017/03/11


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 <ファイル変換専用プラン>初期費用:5万円、月額費用:150円(1メールアドレスあたり)※すべて税別

カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連

製品概要  クラウド型メール誤送信対策サービス◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現◎短期間で簡単に導入可能◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応

オススメユーザー  ◎メール誤送信対策を行いたいが、どこから始めれば良いか悩んでいる企業◎運用負荷を最小限に、誤送信対策を行いたい企業


クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」  2017/02/14


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:10万円保存 1年間:200円/1メールアドレスあたり※税別

カテゴリ  メールアーカイブ |

製品概要  Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。

オススメユーザー  Google Apps、Office 365と連携した日本語対応の高機能メールアーカイブを、安価かつ手軽に導入したい企業。


クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection  2017/08/15


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ・サイバー攻撃対策サービス:月額600円〜・Webフィルタリングサービス:月額600円〜・セット料金:月額900円〜※税別

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | UTM | フィルタリング | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。

オススメユーザー  複数拠点を安全にWeb接続したい企業。Active Directoryを活用してWebアクセスを管理したい企業。出口対策を行いたい企業。


「クラウド ACTIVE」に関する特集



Active Directoryは企業のユーザ管理、アクセス制御を担う仕組みとして浸透している。更に、導入が進むクラウドサービスへの対応など、適用範囲は広がってきた。今後も続けて活用していく上で知っておくべき点とは?


カテゴリ  Windows |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クラウド ACTIVE DRIRECTORY オンプレ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ