「クラウド 見える化 売上」から探す!IT製品・セミナー情報

「クラウド 見える化 売上」 に近い情報
「クラウド 見える化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウド 見える化 売上」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「クラウド 見える化」に関するIT製品情報

クラウド型貸出管理システム レンタル「見える化」@web  2013/08/01


ヤマトシステム開発

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 30万円月額費用 3万円〜※税別

カテゴリ  その他運用管理関連 | ワークフロー | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  予約申請・承認や貸出履歴・在庫照会、「期限お知らせ」の自動メール配信など、レンタル管理業務を効率化するシステム。クラウド型なので、短納期・低コストで導入可能。

オススメユーザー  自社資産の貸出管理を効率化したい総務部門。手間なく商品の貸出管理システムを導入したいレンタル事業者、商社、メーカーなど。


つながるクラウドERP ツバイソ  2016/01/15


ツバイソ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【ユーザライセンス料】機能により1ユーザ100円/月〜【法人ライセンス料】2万1000円/月〜※税抜、年一括前払いの場合

カテゴリ  ERP |

製品概要  REST APIで世界中のアプリケーションとつながるクラウドERP。業務と業績管理を自動化できる。

オススメユーザー  全社員の事務作業時間の削減、部門別の業績の見える化、リアルタイム決算、ヒト、モノ、カネ情報の一元化をしたい企業。


MoonWalker  2014/09/01


クラウド・スコープ・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 9万8000円(税別)〜※上記は基本パッケージのみになります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | データ分析ソリューション | データセンター運用 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  システム構成/障害/統計の各情報を一元的に管理・監視できる統合運用管理ツール。それぞれの情報を紐付けて「見える化」することにより、システム運用を効率化できる。

オススメユーザー  物理・仮想環境、ネットワーク等システム全体構成や障害・統計情報を一元管理・監視したい企業、通信事業者、データセンタ事業者


SRXシリーズ  2012/12/01


ジュニパーネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 ●参考価格(SRX100) 12万5900円(税抜)〜

カテゴリ  ルーター |

製品概要  Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。

オススメユーザー  パフォーマンスと可用性を兼ね備えた「セキュアルータ」を、低コストで導入したい企業。


InfoCabina Cloud BI  2017/04/15


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:10万円月額利用料:25万円〜導入支援コンサル:別途ご相談下さい※税別

カテゴリ  BI | BPM | SFA | ナレッジマネジメント | データ分析ソリューション

製品概要  クラウドサービスのため、BIをより素早く導入、手軽に使うことができる。これにより安価で手軽に、経営情報の見える化・分析が可能になる。

オススメユーザー  BIツールを導入したいが、導入価格が高く導入に踏みきれない方。導入済みのBIツールを活かしきれていないお悩みの方。


「クラウド 見える化」に関する特集



 第1回では、ビーコンがワークスタイル変革に有効なツールであるということをお伝えしました。第2回の今回は、当社でビーコンを利用して働き方を見える化した結果、なにがわかったのか?当社が体感したことを具体的にご紹介します。 総合ICTソリューションを提供している当社では、フレックス、時短勤務、モバイルやクラウド環境を利用したテレワークなど、以前より、さまざまな属性をもつ社員のライフスタイルに対応し、時間や場所に縛られない自由で柔軟な働き方を実現するための対策を講じてきました。今回の実証実験では、さらに踏み込んで、フリーアドレスの導入と社員の位置(所在)情報の見える化を行いました。


カテゴリ  無線LAN |




 ICT運用品質を議論する時の指標として、「システム基盤の非機能要件」が真っ先に挙げられる。非機能要件とは、対象業務の業務機能要件以外の要件を指す。具体的にはシステムの稼働率(MDT)や平均障害回復時間(MTTR)、クライアントへの応答時間などである。SLAの中に組み入れて利用されることも多い。 しかし今や、ICT運用の本質は「正確で安定的な運用」を担保した上で、ユーザへの「適正なサービスの提供」という次元に入ったと考えるべきである。業務システムの実現は、以前のように単一のシステム基盤に沢山の業務システムを乗せるのでなく、業務システムごとの品質要件にあったシステム基盤を選ぶことも可能になりつつある。 そうした場合、ICT運用の品質管理やその指標はどのようにすればよいだろうか。まず業務システムごとのプロファイリングから始める必要がある。その際に考慮する要素は、業務システムの重要度と事業継続リスクである。その視点から要求運転時間、許容障害回復時間、セキュリティレベルなどが決められるべきである。 加えて「第3回 ICT運用コストの最適化(1)一番の近道はコストの見える化」で記述した、業務システム毎の運用コストや連鎖コストがあると更に充実する。図9-1ではその関係を図示した。プロファイリングの結果、業務が要求する運用品質と大きなギャップがある場合は早急に是正する。逆に過剰な運用品質であった時は、次回の再構築(マイグレーション)などで適正化を図りICT運用コストを下げることができる。 このようなプロファイリング情報を経営者やユーザ責任者と共有して、企業の中長期ICT計画に取り入れることでICTの運用品質は確実に適正化に向かうだろう。更にクラウドの導入判断やその際のSLA擦り合わせ、サーバ仮想化のグルーピングなどにも役立つ。


カテゴリ  システムコンサルティング |


「クラウド 見える化」に関するニュース



 NECは、「働き方見える化サービス」と「自動応答ソリューション」を強化し、10月30日に提供を開始する。働き方見える化サービスは、自宅や外出先で行うテレワークやオフィスにおける勤務状況のデータを収集して可視化できるクラウドサービスだ。今回、スケジュールデータやアプリケーションとの連携を強化した「St…


カテゴリ  勤怠管理システム | その他情報システム関連 | その他データ分析関連




 富士ゼロックスは、中小規模事業所向けに、問い合わせ管理や購買業務の見える化を支援する、クラウドサービス型の業務ソリューションの提供を開始する。「問い合わせ管理ソリューション」では、問い合わせ履歴を一元管理できる。他の担当者の対応履歴や問い合わせ情報を確認することで、問い合わせにスムーズに対応…


カテゴリ  CRM | その他基幹系システム関連




 Veeva Japanは、製薬企業向けの実消化マスター管理とデータクレンジング処理のアウトソーシング(BPO)サービス「V実消化」の新しい価格体系を6月15日に発表した。本サービスは、正しいデータを、正しい形で「見える化」するための第1段階として提供し、製薬企業に求められる実消化のデータ処理を、標準化された…


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クラウド 見える化 売上」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ