「クラウド オンプレ システム開発 工程 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「クラウド オンプレ システム開発 工程 違い」 に近い情報
「クラウド オンプレ 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウド オンプレ システム開発 工程 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「クラウド オンプレ 違い」に関するIT製品情報

クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS)  2016/02/28


キヤノンITソリューションズ

企業規模  中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 Sライセンス(開発):0円/3ヵ月Dライセンス(開発):120万円〜 Rライセンス(実行):6万円〜※税別

カテゴリ  開発環境/BaaS | IaaS/PaaS | テストツール | DevOps

製品概要  クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。

オススメユーザー  Webアプリ開発のスピードを向上させたい、いずれはクラウドで本番稼働させたい、中堅・大手企業の情報システム部門及びSIer。


フリービットクラウド VDC PRO  2015/04/15


フリービット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 仮想サーバ費用 (1台/1日) 166円〜※税抜

カテゴリ  サーバー仮想化 | UTM | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合運用管理 | システムコンサルティング

製品概要  SLA99.99%かつ高度なセキュリティ機能を実装したクラウドサービス(IaaS)。インフラ設計の柔軟性に優れ、クラウドと物理環境を組み合わせたハイブリッド構成にも対応可能。

オススメユーザー  SLAを重視し、自由度の高いクラウドサービスを利用したい企業。システムをオンプレミスからクラウドに移行検討している企業。


運用基盤クラウドサービス mPLAT  2016/11/01


野村総合研究所

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額25万円(税別)〜

カテゴリ  統合運用管理 | その他基幹系システム関連

製品概要  システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

オススメユーザー  オンプレミス・クラウド環境のシステム運用において、可用性、統制、運用コストなどの面で課題を抱えたシステム管理者。


【クラウド/オンプレミス】生産管理 AToMsQube(アトムズキューブ)  2013/03/01


クオリカ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【クラウド版】 標準機能版/月額 25万円【オンプレミス版】 ライセンス料/ 500万円〜※すべて税別 ※詳細は下記「補足説明」参照

カテゴリ  生産管理システム | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  加工組立型の製造業向け生産管理システム。製造業の中核業務である生産管理を操作性・利便性に優れた多彩な機能で包括的にサポートする。

オススメユーザー  製造業における生産管理に最適なシステムを、初期導入コストを抑えながら早期に導入したい企業。


Proofpoint標的型攻撃(APT)対策ソリューション  2012/06/30


日本プルーフポイント

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | リモートアクセス | ファイアウォール | UTM | ビッグデータ

製品概要  次世代型サイバー攻撃対策 - ビッグデータ技術を活用し、電子メールを利用した未知の脅威を検出・可視化する次世代技術。

オススメユーザー  レガシーな迷惑メール対策を利用中の企業。クラウド型、オンプレミス型、あらゆるメール環境のセキュリティを強化したい企業。


「クラウド オンプレ 違い」に関するセミナー情報

クラウド、プライベートクラウドで始めるBP Director 締切間近

アシストマイクロ


開催日

 11月10日(木),11月24日(木),12月15日(木)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  BPM | ワークフロー

概要  2016年5月、待望のクラウド版が正式に提供開始されたBPM&ワークフローソフトウェア「BP Director」(ビーピーディレクター)。これまでのオンプレミス…

オススメユーザー  全社スタッフ|経営者CIO|製造・生産管理


「クラウド オンプレ 違い」に関する特集



 今回は、オンプレミスとクラウドの“拡張性”について比較してみたいと思います。オンプレミスの場合はシステムを自前で購入…


カテゴリ  IaaS/PaaS |




企業におけるクラウド利用が拡大する中で、オンプレミスとのデータ連携が課題だと言われている。クラウドとオンプレミスの連携は、既存のシステム間連携と異なるのだろうか。どのように解決を図っていくべきなのか。


カテゴリ  ファイル転送 | IaaS/PaaS




クラウドとオンプレミスのシステムを、いかに一元的に運用するかということは、今後いっそう大きな問題として浮上してくる。クラウドによる運用管理サービスも登場してきたが、これも1つの答えになりうるだろう。


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |


「クラウド オンプレ 違い」に関するニュース



 ネットワンシステムズは、オンプレミスとクラウドを接続するハイブリッド環境に適したネットワーク接続点(HUB)の構築を支援する「クラウドHUBサービス」の提供を開始した。クラウドHUBサービスでは、ネットワーク接続点「クラウドHUB」を設け、マルチクラウドとの閉域網接続機能・セキュリティ機能・セキュアコロ…


カテゴリ  その他データセンター関連 | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他通信サービス関連




 東芝ソリューション販売株式会社は、AOSデータ株式会社と共同で、IBMのエンタープライズ向けパブリッククラウド「SoftLayer」やオンプレミス環境のWindowsサーバを対象とするクラウド型バックアップサービス「TaMATE クラウドコンテナ」の提供を開始した。価格はオープン価格。「TaMATE クラウドコンテナ」では、…


カテゴリ  バックアップサービス |




 ミロク情報サービス(MJS)は、パブリッククラウド環境に対応したERPクラウドサービス「MJSLINK NX-I for IaaS」の提供を開始した。「MJSLINK NX-I」は、年商数億〜100億円、従業員100〜300人規模の中小企業が主な対象のERPシステム。従来はオンプレミス版でのみ提供されていた。今回、ERPシステムのクラウド対応…


カテゴリ  ERP |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クラウド オンプレ システム開発 工程 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ