「クライアントサーバーシステム リッチクライアント 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「クライアントサーバーシステム リッチクライアント 違い」 に近い情報
「リッチクライアント 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クライアントサーバーシステム リッチクライアント 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説サーバーとは?

ここで取り上げている「サーバー」は、コンピュータネットワーク上でほかのコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバーの種類には「PCサーバー」「UNIXサーバー」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバーは「Webアプリケーションサーバー」「データベースサーバー」「ファイルサーバー」などといったものがある。サーバーに搭載されるOSは「サーバーOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバー運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「リッチクライアント 違い」に関する特集



Webアプリケーションが前提にする Webブラウザの操作性やそれを通して行う業務の生産性が従来よりも劣るようでは困ります。このジレンマ解消の決め手になるのが「リッチクライアント」。今回はリッチクライアント導入の意義と、最新の製品動向を紹介します。


カテゴリ  その他WEB構築関連 |




今回ピックアップするのはリッチクライアント。現在多くの企業で、Webブラウザを通してアプリケーションを利用しているが、この場合、


カテゴリ  開発ツール |




日々進化を遂げるWebアプリケーション。リッチクライアントを導入すれば、さらに表現力豊かで便利なユーザーインタフェースが実現できます!


カテゴリ  その他WEB構築関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「クライアントサーバーシステム リッチクライアント 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ