「キオスク 意味 ソフト ダウンロード」から探す!IT製品・セミナー情報

「キオスク 意味 ソフト ダウンロード」 に近い情報
「意味 ソフト ダウンロード」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「キオスク 意味 ソフト ダウンロード」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「意味 ソフト ダウンロード」に関するIT製品情報

ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」  2017/10/11


Jiransoft Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  アンチウイルス | バックアップツール

製品概要  ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。

オススメユーザー  ランサムウェアに対するセキュリティを向上させたい企業。従来のアンチウイルスによる対策だけでは不安と感じている企業。


LanScope Eco3  2014/04/01


エムオーテックス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 ダウンロード販売限定10ライセンス:10万5840円(税込)〜 要問い合わせ

カテゴリ  グループウェア | ワークフロー | 勤怠管理システム | UTM | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  中小規模企業や大企業の一部門(PC200台以下)のためのネットワーク・マネジメントツール。このソフト1つで小規模ネットワークの運用ができる。

オススメユーザー  小規模組織のためにつくられた、使いやすくて手ごろな価格のネットワークセキュリティツール、グループウェアをお探しの方。


CompuSec  2013/11/01


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Basic Edition: 8000円Standard Edition: クライアント 1万2500円〜 / 管理ツール 20万円SW: 1万2800円SW: ダウンロード版 9800円※税別

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  モバイルPCやデスクトップPCを対象に起動前認証やハードディスク全体の暗号化を行う、認証・暗号化セキュリティソフト。

オススメユーザー  機密情報・顧客情報の取り扱いに不安を感じている企業。パソコンからの情報漏洩対策を検討中の企業。


Navicatシリーズ  2014/03/31


スマートスタイル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:2万4465円(税込)〜

カテゴリ  データベースソフト |

製品概要  安全・高速・簡単を特長とするデータベース管理・運用ツール。MySQL、Oracle、PostgreSQL、SQLite、SQL Server対応。138ヵ国7万ユーザ、計200万ダウンロードの実績あり。

オススメユーザー  自社でデータベース管理を行っている情シス担当者。データベースと併せてDBMSを納品し、今後の管理を効率化したい開発者など。


クラウド型リモートデスクトップソフト 「Splashtop Business」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ■基本プラン月額費用:800円 /ユーザー※年間契約の場合、年額:9600円 /ユーザー※税別

カテゴリ  リモートアクセス | タブレット | スマートフォン | その他スマートデバイス関連 | その他PC関連

製品概要  世界累計1400万ダウンロードを記録している大人気の画面転送アプリ「Splashtop」のビジネス版。自席PCの画面をiPadなどへ高速転送。外出先からでも会社のPCを操作できる。

オススメユーザー  「iPadを導入したが、会社の業務で使えないことが多すぎる…」などの不満があり、スマートデバイスをもっと有効活用したい企業。


「意味 ソフト ダウンロード」に関する特集



 数々あるサイバー犯罪の中でも、日本独特ともいえるものがいくつか存在する。先月の記事では、その中でも有名かつ一般ユーザへの被害が最も多いと予想されるワンクリック詐欺について紹介した。今月は日本独特のサイバー攻撃というつながりで、WinnyやShare等といったP2Pファイル共有ソフトの利用者を標的としたマルウェアについて解説を行う。 まず、P2Pファイル共有ソフトとは、その名前の通り、Peer-to-Peerネットワークを利用して、ファイルやデータを共有するためのソフトである。特徴としては、クライアント間の通信にピュアP2P方式を利用しているため、サーバクライアント方式とは違いネットワーク障害に非常に強く、アップロードされたデータはバケツリレー方式で次々とクライアント間で共有される。この仕様から、一度P2Pファイル共有ソフトのネットワークに流出したデータを回収することは、ほぼ不可能に近いと言える。更に、P2Pファイル共有ソフトのほとんどが暗号化技術によってある程度の匿名性が確保されている。この技術が悪用されて違法ファイル(著作権に関連する音楽ファイルや動画ファイル等)のアップロード、ダウンロードが行われてきた。こういった特徴を利用したマルウェアがP2Pファイル共有ソフトのネットワーク上には多数存在している。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「キオスク 意味 ソフト ダウンロード」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ