「カテゴリー6 クラスE」から探す!IT製品・セミナー情報

「カテゴリー6 クラスE」 に近い情報
「カテゴリー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「カテゴリー6 クラスE」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「カテゴリー」に関する特集



それでは、前回に引き続き、Kindle Direct Publishing(KDP)に、自分の作品を登録する作業をご紹介します。カテゴリー 本…


カテゴリ  CMS | CGM




1人1台のPC利用は当然となり、最近は省スペースのノートPCが企業でも人気のカテゴリーになりました。今回は、ディスクやCPUのスペックのみならず、セキュリティを確保するための暗号化機能や認証機能などにも注目して解説してみました。


カテゴリ  ノートパソコン |




 PCがこの世に出た時、「こんなおもちゃは企業で使えない」、UNIXが大学や研究所で使われ始めた時、「こんな不安定なOSでは基幹業務は無理」、加えてインターネットも当初は、「遅くて、セキュリティはないに等しい」という評価だった。それでもこれらは、ご存じのように今はすっかり市民権を得ている。そして今クラウドが同じ道をたどりつつある。 以下の「図表7-1」はJUASのソフトウェアメトリックス調査で3年前から運用管理者を対象に調査した「クラウドコンピューティングの活用予想」だ。この調査結果には、“システムカテゴリ別に活用予想を聞いていること、現在の活用状況と併せて5年後の活用予想も聞いているところ”に特徴がある。 調査結果では一般に考えられているよりもクラウドを利用しているようだ。但しシステムカテゴリーの中で一部でもクラウド化している場合は、「利用している」と回答する方式なので実態より利用割合が大きい数値になっていると思われる。表にはないが、「検討中」と答えた企業の理由は「コストの安さ」が一番の動機であった。 未検討の企業はその理由を「安全性に問題あり」、「まだ実績がない」等を挙げている。この調査で注目したいのは5年後の活用予想である。 2011年に調査した5年後の活用予想と今年度調査の5年後の活用予想では、どのシステムカテゴリーでも5から10%伸びている。年々クラウドの評価が高まり、有効性が認識され始めた証左である。この勢いが続くと10年後には大半の企業がクラウドのお世話になりそうだ。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムコンサルティング


「カテゴリー」に関するニュース



 ソフトバンクは、クラウド型のファイル管理・共有サービス「PrimeLibrary」の提供を7月3日に開始した。本サービスでは、社内にある画像データや書類、提案書など大量のファイルを、用途別やサービス別など任意のカテゴリーに整理でき、社内情報を一元的に管理・活用できる。検索機能では、キーワードやカテゴリー、…


カテゴリ  文書管理 | ファイル共有




 ワンズファクトリーは、スケジュール管理や設備予約が可能なスケジューラーの新バージョン「ワンズカレンダー V6.3.0」をリリースした。本製品では、カレンダー画面で予定登録や各種設定などの基本操作をドラッグ&ドロップで容易に行える。また、利用者やグループ、設備、カテゴリーに対し、詳細かつ柔軟にアクセ…


カテゴリ  グループウェア |




 先端技術研究所は、Pearl Softwareのインターネット監視・Webフィルタリング製品「Pearl Echo」で、「セーフサーチ」を強制する機能を発表した。Pearl Echoは、クライアント(エージェント)-サーバ型のソフトウェアだ。自動化され構成可能なURLカテゴリーリストや、カスタム・ホワイト/ブラックリストなどを合…


カテゴリ  フィルタリング |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「カテゴリー6 クラスE」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ