「オープンソース データ分析 ダッシュボード」から探す!IT製品・セミナー情報

「オープンソース データ分析 ダッシュボード」 に近い情報
「オープンソース データ分析」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「オープンソース データ分析 ダッシュボード」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説オープンソースとは?

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラム)を、インターネットなどを通じて無償で公開し、そのソフトウェアに対して誰でも改良や再配布が行えるようになっているソフトウェアのこと。オープンソースでは、これを促進・啓蒙する非営利組織として1998年に「Open Source Initiative(OSI)」が設立されており、国内においても2000年に「オープンソースグループ・ジャパン」が設立されている。OSIやオープンソースグループ・ジャパンではオープンソースの定義として「Open Source Definition(OSD)」を定めており、OSDに合致するソフトウェアに対して承認活動を行っている。

「オープンソース データ分析」に関するIT製品情報

オープンソースBI「Pentaho」  2016/07/01


KSKアナリティクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Pentahoコミュニティ版:無料Pentahoエンタープライズ版:年間契約価格※お問い合わせ下さい。

カテゴリ  BI | 文書管理 | DWH | オープンソース

製品概要  大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

オススメユーザー  高性能なBI/BAツールを低コストで導入したい企業。ビッグデータ分析やIoTデータの活用を行いたい企業。


ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」  2016/07/01


KSKアナリティクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 フル機能5ユーザ 240万円(税別)

カテゴリ  BI | オフィスソフト | データ分析ソリューション

製品概要  予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。

オススメユーザー  Excelによる予実管理・データ分析に限界を感じているが、ビジネスインテリジェンス(BI)導入はハードルが高いと感じる企業。


オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」  2016/11/24


KSKアナリティクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 年間サブスクリプション:50万円(税別)〜

カテゴリ  ビッグデータ | BA | BI | DWH | データ分析ソリューション

製品概要  ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

オススメユーザー  プログラミング言語を扱えるメンバー、分析知識を持つメンバーがいないため、データ分析や予測を諦めていた企業。


オープンソースDWH「Infobright」  2014/06/12


KSKアナリティクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Infobrightコミュニティ版:無料Infobrightエンタープライズ版:年間サブスクリプション価格※※お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DWH | データベースソフト | ナレッジマネジメント | BI | データ分析ソリューション

製品概要  高速、低費用、容易な管理を実現するDWH/BI/分析用途に特化したカラム指向オープンソースDB。ライセンス費は不要で、低コストな年間サブスクリプション価格で使用できる。

オススメユーザー  大量データを低コストでハンドリングしたい企業。高速かつシンプルなデータウェアハウス(DWH)を構築したい企業。


Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform  2017/03/08


ホートンワークスジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ビッグデータ | その他データ分析関連

製品概要  Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。

オススメユーザー  オープンソースのメリットを最大限に引き出したHadoop活用を目指す企業。データ収集のリアルタイム性も高めたい企業。


「オープンソース データ分析」に関する特集



 今回は「ITを活用しビジネスを成長させるためにはどのようなツールが必要なのか」をテーマに、前回の「Node.js」に引き続き、最新のオープンソースソフトウェア(以下OSS)ついてご紹介します。


カテゴリ  データ分析ソリューション | メインフレーム | ビッグデータ | オープンソース | システムインテグレーション | 開発ツール | DevOps




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps


「オープンソース データ分析」に関するニュース



 日本テラデータは、Think Bigが提供するビッグデータコンサルティングサービス「Think Big Velocity」を発売した。オープンソースソフトウェア(OSS)に特化した分析の戦略立案から開発、運用までを包括的に支援する。本サービスでは、ビッグデータの戦略およびロードマップ策定から、効果的なアーキテクチャの設…


カテゴリ  データ分析ソリューション | オープンソース | システムコンサルティング




 クラスキャットは、画像上の複数種類の物体の位置を特定してクラス分類できる一般物体検出ソリューション「ClassCat ObjDetector v1.0」を2月1日に発売する。オープン価格。本ソリューションは、Googleがオープンソース化した深層学習フレームワーク「TensorFlow」をベースとし、新しい人工知能・コンピュータビジ…


カテゴリ  データ分析ソリューション |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「オープンソース データ分析 ダッシュボード」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ