「オペレーションミス防止 エスカレーション先」から探す!IT製品・セミナー情報

「オペレーションミス防止 エスカレーション先」 に近い情報
「オペレーションミス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「オペレーションミス防止 エスカレーション先」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「オペレーションミス」に関するIT製品情報

ID統合管理ソフトウェア ADMS  2014/02/01


ジインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス100ユーザ:8万円より※税別

カテゴリ  ID管理 | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  Active Directoryやグループウェアなどのアカウント管理を容易にし、管理コストやオペレーションミスを低減できるID管理ソフトウェア。

オススメユーザー  複数システムのアカウントをまとめて管理したい、管理ミスを低減したい、人事異動日直前の設定変更の手間を減らしたい企業。


「オペレーションミス」に関する特集



第一回で挙げた3つの立場ごとに課題と解決について解説していく。まずは直接システム運用作業を行う現場担当だが、現場担当の作業は高度化しており、負荷や責任が高まっている。オペレーターという言葉からオペレーションエンジニアや運用SEなどのように呼称が変化しているケースもある。属人的な運用は良くないと言われ続けているが、「運用でカバーする」 という言葉が無くならないように、現場担当の負担は軽くなっていない。オペレーションミスによる重大障害も度々ニュースになり、現場担当としては気の抜けない作業を毎日強いられている。一昔前の職人技の世界に比べるとかなり自動化も進んでいるものの、人の関与が必要な中途半端な自動化がかえって被害を大きくする場合もある。


カテゴリ  その他運用管理関連 |




 ICT運用品質の把握は、従来あまり意識されておらず、コントロールもされてこなかった。しかしより正確に、より安定的な運用を目指すためには、ICTシステムの運用品質管理も重要な要素であることは自明である。 JUASでは5年前から運用実態調査の中で、ICT運用の品質問題にも取り組んでいる。 まず、【1】稼働に関する品質である。これはユーザニーズを基に定義されるサービス提供時間(稼働時間)とそれに付随する幾つかの指標で評価できる。 次に、【2】運用の容易性もICTシステムの重要な運用品質になる。運用担当者にとっては、安定・安全運転を継続するため、操作ミスが起きにくく、セキュリティ問題等を未然に防ぐ仕組みがあることは大変心強い。 更に、システムのハードやソフトウェア、オペレーションミス等の【3】障害時対策と、地震や火事、テロによる【4】災害時対策がある。これらの運用品質はすべてシステムの重要度でその深さが決まるので、一律に調査、評価ができない難しさがある。 現在のJUASの調査方法は、上記4つの視点を幾つかの評価項目に分け、それぞれに対し、(1)目標値があり、実行されている。(2)目標値はあるが、実行不十分。(3)目標値はなく、実行もされていない。という三択回答を求めている。 以下2013年版の調査結果を掲載する。


カテゴリ  統合運用管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「オペレーションミス防止 エスカレーション先」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ