「オペミス 防止」から探す!IT製品・セミナー情報

「オペミス 防止」 に近い情報
「防止」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「オペミス 防止」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「防止」に関するIT製品情報

メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」  2016/11/01


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス価格 50ユーザ 24万5000円(税別)

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

オススメユーザー  ・メール誤送信による情報漏洩を未然に防ぎたい企業・社内のメールセキュリティポリシーを統一したい情報システム担当者


機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス)  2016/11/12


ネスコ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ユーザ参考価格エントリーパック 200万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | DLP

製品概要  様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

オススメユーザー  ファイルサーバからの個人情報漏洩を防止したい企業。海外拠点や外部委託先と安全にCADなどのファイル共有したい企業。


メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」  2012/06/15


富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンスパック10:4万5000円年間保守:1万2000円*税別

カテゴリ  メールセキュリティ | UTM | 検疫 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  送信前にメールの内容と誤送信につながるリスクを確認させることで、メール誤送信を防止する製品。メール誤送信による情報漏洩や企業の信用失墜を防ぐ。

オススメユーザー  メール送信の「うっかりミス」による情報漏洩を防止したい企業。手軽に導入できるメールセキュリティ製品をお探しの企業。


検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ  2013/08/01


PFU

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●iNetSec Smart Finderマネージャー28万円、センサー18万円●iNetSec Inspection CenterSV30万円、CL3000円〜※すべて税別

カテゴリ  ネットワーク管理 | IPS

製品概要  iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

オススメユーザー  以下を検討している企業・ネットワーク内の機器の把握・不正接続の防止・BYODの導入・検疫ネットワークの導入


電子メールアーカイブシステム 「Mail Gazer4」  2013/12/27


プロット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 全モデル ユーザ数無制限◆T-MG4-250(ディスク容量250GB・メモリ2GB)本体:60万円〜オフサイト保守:年間9万円〜※税別

カテゴリ  メールアーカイブ | フィルタリング

製品概要  社内外へ送受信されたすべての電子メールを保存し監視を行い情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。上位モデルはメールフィルタリング機能を搭載し誤送信防止も。

オススメユーザー  法規制により、メールデータの長期保存が義務付けられている企業。メールセキュリティを強化したい企業。


「防止」に関するセミナー情報

【毎日開催】One to Oneセミナー(公的研究費不正利用防止)

エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート


開催日

 7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  BPM | ワークフロー | IaaS/PaaS

概要  研究に必要な物品の発注申請〜予算確認〜全品検収までの業務プロセスの見える化・自動化を実現。公的研究費不正利用防止プロセスのテンプレートを活用しながら、お客様独自…

オススメユーザー  その他


運用現場での情報セキュリティ事故とヒューマンエラーの防止 締切間近

日立インフォメーションアカデミー


開催日

 12月19日(月)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他情報システム関連 | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連

概要  近年、標的型攻撃による情報流出やランサムウェアによる詐欺被害など手口が巧妙になり、組織内では情報セキュリティ事故の防止に苦慮されている部署が増えています。また、…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


標的型攻撃対策ソリューションセミナー

NRIセキュアテクノロジーズ


開催日

 1月13日(金),2月9日(木),3月10日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連

概要  情報漏洩防止のみならず、昨今猛威をふるうランサムウェア対策という観点からも、標的型攻撃への対策はますますその重要度が増しています。本セミナーでは最近の標的型攻撃…

オススメユーザー  情報システム部の統括


「防止」に関する特集



社会的信用の失墜だけでなく、賠償責任が発生する判決が下されている情報漏洩事件。企業における情報漏洩を防止するための「情報漏洩防止ツール」が今注目を集めている。情報漏洩の手口や、その防止策としてのツールの基本機能などを詳しく解説します。


カテゴリ  DLP |




生体認証の導入目的は「個人情報・機密情報漏洩防止」が圧倒的。他、ID・PW管理、なりすまし防止の声も。利用実態が明らかに!


カテゴリ  認証 |




うっかりミスによるメール誤送信を防ぐために役立つメール誤送信防止ソリューションですが、導入することで現場の運用がどう変わる?メール誤送信防止の基本的な考え方とともに、その運用の変化を改めて解説します。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「防止」に関するニュース



 NTTソフトウェアは、メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail 7」に人間工学の考えを取り入れ、ヒューマンエラーによるメール誤送信の減少を支援する新バージョンを9月30日に発売する。CipherCraft/Mailは、利用者に宛先の再チェックを行わせてメール誤送信を防止するとともに、添付ファイルのパスワード…


カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連




 ペンタセキュリティシステムズは、PKI技術を基盤とした正品認証製品「D’EAL(D’Amo Seal)」をリリースした。D’EALは、PKI技術とハードウェアの側面で複製を防止する技術を基にした、正品認証ソリューション。ハードウェアの複製防止技術を通じてタグの複製を防止し、PKI技術を基盤にRFID/NFC/Beaconなどさま…


カテゴリ  認証 | 在庫管理システム | PKI




 ネットチャートは、端末の不正接続を防止するクラウド型のマネージドサービス「IntraGuardian Cloud Managerサービス」の提供を開始した。本サービスは、日本CADが提供する不正端末接続防止アプライアンス「IntraGuardian2+」の統合管理システム「IntraGuardian2+ Manager Professional」を、IIJのクラウドサービ…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「オペミス 防止」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ