「エンロン事件 SPC」から探す!IT製品・セミナー情報

「エンロン事件 SPC」 に近い情報
「SPC」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「エンロン事件 SPC」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「SPC」に関するIT製品情報

クラウド型ワークフローシステム「Streamline」  2017/02/01


ミトリ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1ユーザ 月額300円(税別)

カテゴリ  ワークフロー |

製品概要  PC、スマートフォンやタブレットを利用して、場所を選ばずに申請・承認業務が行える、クラウド型のワークフローシステム。

オススメユーザー  申請・承認業務を紙文書で行っている企業。ワークフローシステム導入を検討したが、コスト面で見送った企業にも。


クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用無料、最低利用期間なし▼基本サービス 月額費用 1200円/ユーザ▼利用ストレージ容量 月額費用 100円/GB※税抜

カテゴリ  ファイルサーバ | PCサーバ | 暗号化 | 認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  Windowsエクスプローラで操作できる「使いやすい」クラウド型ファイルサーバ。暗号化通信、マトリクス認証を採用し、セキュリティは万全。

オススメユーザー  社内外でのファイル共有を安全かつ効率的に行いたい企業。ファイルサーバのクラウド移行を検討中の企業。


Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ  2016/03/01


ビジネス・アソシエイツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成100万円〜※税別

カテゴリ  ERP | データベースソフト | ワークフロー | 会計システム | 帳票管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】

オススメユーザー  海外子会社の経理処理を現地/本社管理化したり、連結決算を容易化したい、SPC記帳業務や海外プロジェクトが多い海外進出企業。


クラウドFAXサービス  2016/05/31


エクスパダイト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 8円/枚(税別)〜※ボリュームとご契約年数により、割引プランのご用意もあります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  FAXサービス |

製品概要  PCで各種帳票・書類のFAX送信・受信が行えるクラウドFAXサービス●帳票FAXサービス…基幹系・情報系システムの帳票類●Fax2Mail…日々の業務で使用する様々な書類

オススメユーザー  取引先への帳票類のFAX送信や日々のFAX送受信の業務を効率化したい企業


秘文AE AccessPoint Control  2016/06/10


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1PCあたり3000円(税別)

カテゴリ  認証 | その他ネットワークセキュリティ関連 | 無線LAN | IP-VPN | インターネットVPN

製品概要  Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

オススメユーザー  モバイル端末の活用が進んでいる企業や活用を検討している企業など。無線LANのセキュリティに不安がある企業。


「SPC」に関する特集



 PCがこの世に出た時、「こんなおもちゃは企業で使えない」、UNIXが大学や研究所で使われ始めた時、「こんな不安定なOSでは基幹業務は無理」、加えてインターネットも当初は、「遅くて、セキュリティはないに等しい」という評価だった。それでもこれらは、ご存じのように今はすっかり市民権を得ている。そして今クラウドが同じ道をたどりつつある。 以下の「図表7-1」はJUASのソフトウェアメトリックス調査で3年前から運用管理者を対象に調査した「クラウドコンピューティングの活用予想」だ。この調査結果には、“システムカテゴリ別に活用予想を聞いていること、現在の活用状況と併せて5年後の活用予想も聞いているところ”に特徴がある。 調査結果では一般に考えられているよりもクラウドを利用しているようだ。但しシステムカテゴリーの中で一部でもクラウド化している場合は、「利用している」と回答する方式なので実態より利用割合が大きい数値になっていると思われる。表にはないが、「検討中」と答えた企業の理由は「コストの安さ」が一番の動機であった。 未検討の企業はその理由を「安全性に問題あり」、「まだ実績がない」等を挙げている。この調査で注目したいのは5年後の活用予想である。 2011年に調査した5年後の活用予想と今年度調査の5年後の活用予想では、どのシステムカテゴリーでも5から10%伸びている。年々クラウドの評価が高まり、有効性が認識され始めた証左である。この勢いが続くと10年後には大半の企業がクラウドのお世話になりそうだ。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムコンサルティング




 企業の皆様にとってクラウド利用が当たり前になって数年が経過した。クラウドはもう、「新しいもの」でも、トライアルで「使用してみるもの」でもなく、「業務で普通に使用するもの」として受け入れられるようになってきている。  しかしながら、まだクラウドを受け入れていない領域がある。それが今回の主題ともなる企業の基幹システムだ。特に金融関係やクレジット関係については、自社のセキュリティコンプライアンスに準拠しなければならないだけではなく、金融庁、FISC、消費者庁、そしてPCI-DSS、PCI-PTS等の業界団体が定めた各種ルールにも縛られており、その障壁は高い。 一方、企業のバランスシート上、クラウドの業務利用は有効であると認識された以上、その流れから逆らうことは難しいと思われる。今すぐ取り組む必要はないにせよ、ある日急にシステム部門としての意見を求められるシーンも多く、日々の情報収集及び収集した情報の整理が必要となるだろう。  今回のテーマでは、それら特に高いセキュリティシステムに求められている暗号技術についてまとめさせていただく。クラウド技術を利用したシステムは従来のシステムと構成が異なり、このため、暗号技術もクラウドに対応したものがすでに世の中に複数のベンダからリリースされてきているためである。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「SPC」に関するニュース



 東芝ソリューション販売は、AOSデータと共同で提供するクラウド型バックアップサービス「TaMATE クラウドコンテナ」にWindows PC向けメニューを追加し、提供を開始した。オープン価格。本サービスは、IBMのエンタープライズ向けパブリッククラウド「IBM Bluemix Infrastructure」(旧IBM SoftLayer)やオンプレ…


カテゴリ  バックアップサービス |




 アーク情報システム(ARK)は、Windows PC用システムデータバックアップソフト「HD革命/BackUp Next Ver.3」のアップデータ(Ver.3.1)を12月13日に公開する。今回のアップデートでは、「簡単バックアップ」のメニューにセクタ方式のバックアップを追加し、所要時間を従来の約3分の1以下に短縮した(所要時間はPC…


カテゴリ  バックアップツール | その他PCソフト関連




 クオリカは、タッチパネル専用のWebブラウザソフト「QSBrowser」の出荷を開始した。オープン価格。本製品は、KIOSK端末(不特定多数の人が利用する情報端末)に特化した、Windows PC向けWebブラウザ。Internet Explorerをエンジンとして利用し、表示互換性に優れる。Windows 7から10までに対応する。タッチパネル…


カテゴリ  その他PCソフト関連 | フィルタリング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「エンロン事件 SPC」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ