「エンドポイント 製品」から探す!IT製品・セミナー情報

「エンドポイント 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「エンドポイント 製品」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「エンドポイント 製品」に関するIT製品情報

HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:1万5000円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  米国防総省で標準採用されているHDD丸ごと暗号化ソリューション。情報漏洩対策としてHDDや外部メディアの情報を保護する強力なエンドポイントセキュリティ製品。

オススメユーザー  ノートPCやHDD、エンドポイントメディアなどの紛失・盗難による情報漏洩の対策を検討している企業や部門


McAfee Total Protection for Data  2013/05/01


マカフィー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1ノード :7830円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | ADC/ロードバランサ | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  エンドポイントの情報漏洩をトータルで実現するスイート製品。機能:ディスクやフォルダの暗号化、データの監視、認証、ログ取得、リムーバブルメディア利用制限など

オススメユーザー  エンドポイントの情報漏洩対策をトータルで行いたい企業。多くの機能を一括で導入することで、管理の負荷を削減したい企業など。


RSA ECAT  2014/02/24


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 同時にインストールするエージェント (エンドポイント) 数により異なる。

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  「クライアントがマルウェアに感染しているかどうか」という検出に特化することで、迅速かつ低価格でサイバー攻撃によるリスクを低減できるソフトウェア。

オススメユーザー  シグネチャベースのアンチウイルス製品やゲートウェイ製品では防ぎきれない、標的型攻撃への対策を行いたい企業。


特権ID&証跡管理による情報漏洩対策製品 「ESS AdminGate VA」  2016/04/01


エンカレッジ・テクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 利用料金:1サーバーあたり月額5000円(保守サービス含む)※税別

カテゴリ  ID管理 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  システム管理者の特権IDの不正利用、濫用による情報漏洩やシステム障害を未然に防止する仮想アプライアンス製品。

オススメユーザー  システム管理者の不正利用・誤操作などによる情報漏洩リスクから自社システムを守りたい企業。


スパムメール/誤送信対策アプライアンス 「SpamSniper」  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 アプライアンス版・仮想アプライアンス(VA)版 ともにオープン価格※初年度分の製品保守料金が付属。(オンサイト保守除く)

カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  ・チューニングフリーでスパムメール検知率96%以上、誤検知率ほぼ0%・情報漏洩、誤送信対策機能を搭載・ユーザ数無制限・バイパスカードが標準搭載

オススメユーザー  ●現在のアンチスパム製品に不満の企業●メール誤送信対策を行いたい企業●複数ドメインを1台で管理したい企業やISP/CATV事業者


「エンドポイント 製品」に関する特集



 今回はコモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)に対する、政府機関やIT基盤税制の取り組みについて紹介していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回は仮想化環境におけるセキュリティ対策の注意点を説明した。今回は、仮想化という特殊な環境に合わせてリリースされた、セキュリティ対策製品について紹介していきたい。


カテゴリ  その他仮想化関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 前回は、コモンクライテリア(ISO/IEC15408)の概要と意義について紹介した。今回は、「CC承認アレンジメント」(CCRA)や、コモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)の認証製品例、国内における認証制度の流れについて解説していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「エンドポイント 製品」に関するニュース



 ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、Carbon Blackのエンドポイント防御製品を発売し、サービスを開始した。Carbon Blackのエンドポイント防御製品は、エンドポイントのアクティビティを継続的に記録、一元的に保持し、攻撃者のアクションを追跡してインシデントを詳しく調べることで攻撃の全体像を把握し…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 シマンテックは、エンドポイントセキュリティ「Symantec Endpoint Protection 14」の提供を開始した。エンドポイントとクラウド内に人工知能を搭載するほか、同社の世界的なインテリジェンスネットワークによって強化された機械学習により、深い知見を提供する。本製品は、クラウドルックアップ機能により99.9%の…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 横河レンタ・リース株式会社は、VDIレベルのセキュリティで柔軟なワークプレイス環境の構築を支援する「Flex Work Place」を構成する製品として、インストール管理ソリューション「Flex Work Place AppSelf」(AppSelf)の提供を開始した。「Flex Work Place」は、企業内のシステム環境に捉われない柔軟で安全な…


カテゴリ  IT資産管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「エンドポイント 製品」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ