「ウォーターフォール VS アジャイル VS DEVOPS」から探す!IT製品・セミナー情報

「ウォーターフォール VS アジャイル VS DEVOPS」 に近い情報
「VS アジャイル VS」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ウォーターフォール VS アジャイル VS DEVOPS」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説DevOpsとは?

DevOpsとは、Development(開発)の「Dev」とOperation(運用)の「Ops」を結合した造語である。ネット企業でWebアプリケーションの運用ノウハウを共有する取組みから生まれたもので、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論である。クラウドをシステム基盤とし、アジェイルを開発手法として用い、WebアプリケーションをベースとしたITサービスが、当面のDevOpsの適用対象として想定されているが、広義の解釈では、ビジネス環境の変化に対応して新しいサービスを迅速に市場投入するために、それを支えるITシステム構築の迅速化の取組みの一環としても広く注目されている。

「VS アジャイル VS」に関する特集



 NECビッグローブでは、2010年ごろからアジャイル開発を導入し、スマートフォン向けのアプリ、インターネット接続サービスの運用基盤、業務管理システムなど様々なシステムを開発してきました。現在は50名以上が10〜20のプロジェクトに分かれて開発をしています。アジャイル開発を導入したことにより、開発期間の短縮や、市場の変化へのフレキシブルな対応が可能になりましたが、導入当初は、“アジャイル開発に対する誤解によりプロジェクトが進まない“、”アジャイルプラクティスをやるだけで本質的な開発の課題が解決しない“などの様々な問題がありました。NECビッグローブでは、そうした開発現場での経験をもとに、アジャイル開発の考え方や導入のポイントなどを研修プログラム「実践者が教えるアジャイル開発の基礎」としても提供しています。今回の連載では、アジャイル開発を成功させるためのポイントや成功事例などをご紹介していきたいと思います。


カテゴリ  システムインテグレーション | システムコンサルティング




 「第1回 アジャイル開発にまつわる誤解」では、アジャイルとは開発の姿勢であるという話をしました。今回は、アジャイル開発のベースとなる“フィードバックを回す”という行程を有意義なものにする「カイゼン」という考え方をご紹介します。この考え方は、ウォータフォールでもそれ以外の手法でも、もっと言うと開発以外の仕事にも応用可能です。


カテゴリ  システムインテグレーション | システムコンサルティング




 これまで5回に渡り、NECビッグローブで行ってきたアジャイル開発の経験を元に、その考え方をお話してきました。今回は、その内容をふりかえり最終回といたします。


カテゴリ  システムインテグレーション | システムコンサルティング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ウォーターフォール VS アジャイル VS DEVOPS」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ