「ウイルス シグネチャ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ウイルス シグネチャ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ウイルス シグネチャ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ウイルス シグネチャ」に関するIT製品情報

RSA ECAT  2014/02/24


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 同時にインストールするエージェント (エンドポイント) 数により異なる。

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  「クライアントがマルウェアに感染しているかどうか」という検出に特化することで、迅速かつ低価格でサイバー攻撃によるリスクを低減できるソフトウェア。

オススメユーザー  シグネチャベースのアンチウイルス製品やゲートウェイ製品では防ぎきれない、標的型攻撃への対策を行いたい企業。


「ウイルス シグネチャ」に関する特集



AI技術はある種のブームのように注目されているが、その実装の違いを意識したことはある? 過去の実績を学ぶモデルと自律的に学習するモデルではどんな違いがあるのか――Cylanceが自社技術を例に違いを語った。


カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 パソコンのようにユーザ自身がセキュリティ対策を選べる、言い換えればユーザにセキュリティ対策の責任があるスマートフォンのようなネットワークデバイスはさておき、カーナビ、情報家電、医療関連機器、金融関連機器、オフィス機器、製造ライン関連機器などにおいてはメーカーがセキュリティ対策を施すか、セキュリティ対策を選択可能にする必要が出てくる。 いずれもセキュリティ対策はクリティカルで、カーナビにおいて今後は車両の制御系との関連が強くなることで情報リスクを越えて安全性へのリスクが出てくる可能性がある。医療機器も同様に安全性へのリスクであり、製造ラインにおいては製造ラインが止まるリスクを考えればBCM(事業継続マネジメント)の一環ととらえる必要がある。 では、こうした組み込み型ネットワークデバイスにおいて、従来型のアンチウイルスソフトでブラックリスト(シグネチャ)を常に更新するやり方が現実的かというと、ほとんどの場合において非現実的と言わざるをえない。 そこで注目を集めているのがホワイトリスティングという手法である。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「ウイルス シグネチャ」に関するニュース



 ジランソフトジャパンは、企業向けランサムウェア対策ソフト「AppCheck」を発売した。オープン価格。本ソフトは、従来のシグネチャ方式や振る舞い検知方式では検出が難しかった未知のランサムウェアによるファイル変更などの攻撃を、状況認識技術によりリアルタイムに検出し遮断できる。ファイル自動バックアップ機…


カテゴリ  アンチウイルス | 暗号化 | その他バックアップ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ウイルス シグネチャ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ