「インフォネット エンジニア 採用」から探す!IT製品・セミナー情報

「インフォネット エンジニア 採用」 に近い情報
「エンジニア 採用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インフォネット エンジニア 採用」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「エンジニア 採用」に関する特集



 “エンジニア採用”をテーマにして3回くらいのシリーズで記事を書かせていただきます。今回はその第1回目。エンジニア経験のない人事の人がやりがちな、エンジニアに馬鹿にされる求人を作ってしまわないためのアドバイスをさせていただきたいと思います。 さて、見出しにあるような「応募資格:JAVA業務経験2年以上」といった求人を、エンジニアの方なら一度は目にしたことがあると思います。この手の求人を見るたびに、「本気で採用する気があるんだろうか?」と他人事ながら心配してしまうわけですが、恐らく書いた採用担当者は真面目に自分の仕事をこなしているつもりなのでしょう。 しかしまともなエンジニアが見れば、この短い文章からその会社のイケてなさ加減を感じ取り、その会社を事前に知っていて「好印象を持っていた」とかでなければ、即座にページを閉じて読み飛ばしてしまうだろうと思います。


カテゴリ   |




「エンジニア採用の落とし穴」シリーズ。今回はその第2回です。 前回の記事「“応募資格:JAVA業務経験2年以上”…この求人がエンジニアに不人気なワケ」では、煽り気味のタイトルをつけてしまったせいか、技術用語の大文字小文字について触れた点だけがやたらと反応があって、本題だった「なぜそういう求人ができてしまうかの背景」について指摘したところはあまり伝わらなかったようで少し反省しております…。 ですので今回は、前回伝えきれなかったその本題について、もう少し立ち入って考えたいと思います。まず結論から言ってしまうと“エンジニア向け求人”に大事なのは、ターゲットとしているエンジニアの目線に立って、彼らが欲している情報を的確に伝えること。…なのですが、なぜか世の中にはそうでない求人のほうが多数派を占めてしまっていると感じます。その手のエンジニア求人は、大まかに言うと以下の3つに分けられます。


カテゴリ   |




 ここ数年、企業の採用環境が様変わりしています。少子高齢化による生産年齢人口の減少という社会的背景とともに、景気の回復傾向、短期的には2020年のオリンピック開催などと相まって、あらゆる分野において深刻な人材不足が叫ばれています。


カテゴリ   |


「エンジニア 採用」に関するニュース



 ラガルト・テクノロジーは、サーバ・ネットワーク系エンジニアの業務に求められるSSHクライアントの新製品「Poderosa(ポデローザ)」をリリースした。SSHは、サーバやネットワーク機器を新設・維持するために利用されるツール。今回リリースされたPoderosaは、ブラウザで採用されているものと同じタブ型GUIを採用…


カテゴリ  サーバー管理 | ネットワーク管理




 インターネットディスクロージャーは、開示事例検索および財務分析サービス「開示Net」が、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科ビジネスエンジニアリング研究室の研究で活用されることが決定したと発表した。開示Netは、EDINET提出書類(有価証券報告書/四半期報告書、臨時報告書等の開示書…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 | 会計システム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インフォネット エンジニア 採用」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ