「インバウンドEC 構築 発注」から探す!IT製品・セミナー情報

「インバウンドEC 構築 発注」 に近い情報
「構築 発注」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インバウンドEC 構築 発注」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「構築 発注」に関するIT製品情報

IT開発会社を選ぶなら、無料相談の「発注ナビ」  2016/08/08


発注ナビ(アイティメディアグループ)

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 製品詳細ページでご確認ください。

カテゴリ  システムインテグレーション | その他基幹系システム関連 | その他情報システム関連 | その他情報共有システム関連 | その他開発関連

製品概要  業務システム・アプリ開発、Webシステム開発、ECサイト構築、CMS構築、ホームページ制作、SEO対策などの開発・制作会社が検索できるサイト。専門スタッフへ無料で相談可。


「構築 発注」に関する特集



 システムを発注する立場で現場を見ていると様々な課題がある。発注側がIT企業ではなく、システムの開発要員を抱えておらず、外部にシステムの構築を依頼する場合などは特にそうである。これは単にシステム構築の問題だけではなく、セキュリティの問題にも結び付く。ここでは現場の課題に対処するためのひとつの手法として、現在、経済産業省から公開されているTRM(Technical Reference Model:技術参照モデル)を紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回のまとめで、セキュアコーディングスキルが上がらない原因が発注者側にも開発会社側にも関係していることを説明したが、ほかにもセキュアコーディングスキルが上がらない原因としていくつか考えられる。例えば、短納期スケジュール設定や工数単価の下落によるプログラマのモチベーション低下、言語やフレームワークが多数あることによるセキュアコーディングの仕様作成の難易度アップが考えられる。また、セキュアコーディング教育を実施している企業が少なくスキルアップがプログラマ任せになっていることも説明した。 また、開発会社自身がセキュアコーディング教育を実践できない状況を作っていることを説明したが、その一例としてC社の事例を挙げてみる。


カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他ネットワークセキュリティ関連




 平成18年の総務省「事業所・企業統計調査」によれば、我が国における従業員数300人以下の中小事業所数は、全事業所の約99%を占めている。現在、ほとんどの大企業が、これら中小企業に下請け業務を委託している事実を見ても、中小企業は我が国の産業の根幹を支える重要な位置付けにあるといえる。 中小企業において、企業内イントラネットの構築、財務会計システムの導入、メールによる受発注管理、SFAツールに代表されるインターネットを使った営業支援システムの利用など、今やITは必要不可欠なインフラであり、IT化が進むにつれ、情報セキュリティ対策が企業の経営において重要なポイントとなっている。こうした流れを受け、経済産業省の中期政策の1つに「中小企業の活性化、地域経済の再生」が挙げられており、IT導入の支援も積極的に行われている。 中小企業におけるセキュリティ対策の現状は、コンピュータウイルス対策ソフトなどの基本的な対策ツールの導入や、セキュリティポリシーの策定など、基本的に全体のレベルは少しずつ向上してきている。しかし、一方で大企業の対策と比較すると、具体的な取り組みや、社内での体制作りには、まだまだ遅れが見られるのが現状である(図1)。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インバウンドEC 構築 発注」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ