「インターネット 運用管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「インターネット 運用管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インターネット 運用管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説運用管理とは?

運用管理とは、ITシステムを少しでも効率よく運用していくための仕組みのこと。たとえば、サーバを数台導入するだけなら、どのサーバにどんなアプリケーションやデータベースがインストールされているのかを把握しておくことは難しい話ではないが、あらゆる部門で複数のサーバとアプリケーションが多数稼働するようになると、とてもシステム管理者の頭の中だけで把握しておくことは難しく、サーバ管理やネットワーク管理、パフォーマンス診断、ファシリティマネジメントといった個別の管理ツールが必要になる。しかし、システム規模が大きくなってきたり、システム構成が複雑になってきたりすると、管理ツールの操作にも手間取るケースが出てきてしまう。そこで、ITシステム全体の稼働状況などを統合コンソールから共通化されたオペレーション環境で一元管理するための仕組みが必要になり、その結果、運用項目ごとに導入する単体の運用管理ツールと、システム全体を管理する統合運用管理ツールが製品化されるようになった。

「インターネット 運用管理」に関するIT製品情報

e-mining(イーマイニング)  2012/06/20


ガーラバズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【6ヵ月契約 3キーワードの場合】初期設定費:10万円月額利用料:10万円【短期プラン】3日間 1キーワード 1万円〜※税別

カテゴリ  IDS | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | BI | 統合運用管理

製品概要  ソーシャルネットワークの発達により、様々な情報が流れるようになったインターネット上を監視し、不適当な情報を抽出できるネットモニタリングサービス。

オススメユーザー  ネットリスクマネジメントを行いたい企業。インターネット上の誹謗中傷をチェックし、風評被害を防ぎたい企業。


InterFAXサービス  2014/04/01


ドゥイット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ●送信サービス月額基本料:1000円●受信サービス初期費用:1500円月額基本料:2200円※税別※詳細は補足説明を参照下さい

カテゴリ  FAXサービス | 暗号化 | メールセキュリティ

製品概要  メールやWebAPIを利用しFAXの送受信ができるインターネットFAXサービス。FAX専用機器やソフトウェアなどを使わず、インターネットとメール環境があればすぐに利用できる。

オススメユーザー  初期投資や既存システムの変更を最小限に抑えつつ、FAXの運用・管理の手間を軽減し、より快適にしたい企業。


次世代の企業向けWebメールシステム Denbun(デンブン)  2014/04/01


ネオジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ユーザ 3万9800円(税別)〜

カテゴリ  電子メール | その他エンドポイントセキュリティ関連 | バックアップツール | その他運用管理関連

製品概要  インターネットに接続されたブラウザやモバイル端末から電子メールを利用できるWebメールシステム。HTML5の技術を用いたクライアントメールと同等の操作性を実装。

オススメユーザー  メールデータの一元管理を実現し、企業の信頼度アップや社員のモラルアップを図りたい企業。


クラウド型CTI/コールセンターシステム「BIZTEL」  2013/11/01


リンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●CRM連係のみ利用 月額:4万3050円(4305円/席)●ライトプラン 月額:8万5050円(8505円/席)※10席程度の料金※税込

カテゴリ  コールセンター/CTI | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  インターネット回線とPCのみで導入できるクラウド型コールセンターシステム。PBXや録音機能、CTIサーバなどの設備をクラウドで提供し、各種CRMとの連係にも対応可能。

オススメユーザー  初めてコンタクトセンターを構築する企業。低コストでスモールスタートし、必要に応じて規模や機能を拡張予定の企業。


beat/entry サービス  2015/03/23


富士ゼロックス

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【基本料金】初期料金:2万円(税別)月額料金:8800円(税別)

カテゴリ  IPS | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  1台のアプライアンスでインターネットの脅威を統合的にカバーし、その運用管理をアウトソースするサービス。かつネットワーク利活用の機能も提供。

オススメユーザー  セキュアでメンテナンスが容易なネットワークを構築したい企業。テレワーク環境を安価で簡単に構築したい企業。


「インターネット 運用管理」に関する特集



今月は、クラウドコンピューティングとIT運用の関わりについて取り上げてみたい。クラウドがブームとなってからもう何年も経つが、今日においてクラウドは新たなトレンドというよりも、私達の身の回りに定着しつつある現実として捉えた方が良いだろう。これからクラウドコンピューティングについて考えるにあたって、まず始めにクラウドコンピューティングにはどのようなものがあるのか概観してみよう。御存じの方も多いと思うが、クラウドコンピューティングには大まかに分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」がある。パブリッククラウドは、クラウドサービスのプロバイダーが基本的にインターネット越しに提供するもので、ユーザ企業は料金を支払ってサービスを利用するだけである。一方でプライベートクラウドは、ユーザ企業自身が仮想環境を構築し自社専用のクラウドサービスを利用するものである。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した利用形態を「ハイブリッドクラウド」という。今まである程度のIT機構を自社内に構築してきたユーザ企業は、ハイブリッドを選択する事になるであろう。セキュリティ等への懸念からデータを外部におけないシステムや、或いは大規模な演算処理等を行うシステムは、自社内(プライベートクラウド上、或いは旧来の独立したサーバ・メインフレーム上)に持ち、それ以外のシステム(所謂フロントエンド系のシステム)はパブリッククラウドを利用するという形態が、現実的に最も多くなると考えられる。


カテゴリ  その他運用管理関連 | IaaS/PaaS




 PCがこの世に出た時、「こんなおもちゃは企業で使えない」、UNIXが大学や研究所で使われ始めた時、「こんな不安定なOSでは基幹業務は無理」、加えてインターネットも当初は、「遅くて、セキュリティはないに等しい」という評価だった。それでもこれらは、ご存じのように今はすっかり市民権を得ている。そして今クラウドが同じ道をたどりつつある。 以下の「図表7-1」はJUASのソフトウェアメトリックス調査で3年前から運用管理者を対象に調査した「クラウドコンピューティングの活用予想」だ。この調査結果には、“システムカテゴリ別に活用予想を聞いていること、現在の活用状況と併せて5年後の活用予想も聞いているところ”に特徴がある。 調査結果では一般に考えられているよりもクラウドを利用しているようだ。但しシステムカテゴリーの中で一部でもクラウド化している場合は、「利用している」と回答する方式なので実態より利用割合が大きい数値になっていると思われる。表にはないが、「検討中」と答えた企業の理由は「コストの安さ」が一番の動機であった。 未検討の企業はその理由を「安全性に問題あり」、「まだ実績がない」等を挙げている。この調査で注目したいのは5年後の活用予想である。 2011年に調査した5年後の活用予想と今年度調査の5年後の活用予想では、どのシステムカテゴリーでも5から10%伸びている。年々クラウドの評価が高まり、有効性が認識され始めた証左である。この勢いが続くと10年後には大半の企業がクラウドのお世話になりそうだ。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムコンサルティング


「インターネット 運用管理」に関するニュース



 株式会社ディーネットは、株式会社Jストリームと、CDN(Content Delivery Network)とパブリック・クラウドを活用した、マネージドサービス「CloudServ.」の提供を開始する。「CloudServ.」では、CDNサービス「J-Stream CDNext」の仕組みを活用し、デジタルコンテンツをインターネット経由で配信する際にWebサーバ…


カテゴリ  CDN | IaaS/PaaS | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インターネット 運用管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ