「インターネット 時間」から探す!IT製品・セミナー情報

「インターネット 時間」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インターネット 時間」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「インターネット 時間」に関するIT製品情報

さくらインターネット クラウド/データセンターサービス  2013/03/31


さくらインターネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 月額 8800円(税別)〜

カテゴリ  ホスティング | ファイアウォール | ADC/ロードバランサ | データセンター運用 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  24時間365日エンジニアが常駐する自社データセンターでのサーバ運用と国内最大級の高速・大容量バックボーンにより提供される高い回線品質の専用レンタルサーバサービス

オススメユーザー  コンテンツプロバイダ、マルチテナント型のASPサイト、プロモーション用サイト構築担当者。Webサービスの開発環境にお困りの方


ネットワークフォレンジックサーバ『NetEvidence Ax Ver.3.1』  2016/10/15


オーク情報システム

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 386万5000円(税別)〜

カテゴリ  フォレンジック | その他サーバー関連 | UTM | その他ネットワーク関連 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。

オススメユーザー  ●ネットワーク経由での情報漏えいを防止したい企業●万一漏えいした場合に、短時間に漏えい源や時期、範囲などを特定したい企業


次世代型Excel帳票システム ExReport  2016/09/23


フォー・ズィー・コーポレーション

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 ExReport(基本パック):50万円(税別)

カテゴリ  電子帳票システム | ワークフロー | 帳票管理システム | オフィスソフト | データ分析ソリューション

製品概要  特別なソフトや知識なしで簡単にExcel帳票が作成でき、インターネット経由で拠点などへ展開可能。ユーザ側での入力、データベースへの反映などが可能なExcel帳票システム。

オススメユーザー  時間とコストがかかる/営業所などへ迅速に展開できない/ユーザ側で入力できない…といった従来の帳票の問題を解決したい企業。


「インターネット 時間」に関する特集



 前回は具体的により現実的なテスト手法がどうあるべきかを説明した。今回は、そのようなテスト手法を使うことによって見えてくるセキュリティ製品、セキュリティベンダの本当の実力について解説する。 2009年7月、8月に、米国の第三者テスト機関であるNSS Labsがより現実的なテスト手法を使ってウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品の比較テストを行った。このテストでは、ユーザの実環境と昨今の脅威の約9割がソーシャルエンジニアリングを悪用した形でインターネットから来ていることを踏まえ、インターネットに接続したPCを使い、Webから来る脅威に対するセキュリティ製品の総合的な防御力を測っている。さらに、日々登場する最新の脅威サンプルを使用して8時間ごとに17日間かけてテストを行った。その中からセキュリティ製品を選定するに当たって重要な要素が見えてくる。以下、実際にNSS Labsが実施した、ユーザの実環境に即したテストの結果をもとに、製品選定のポイントのいくつかを紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 中小企業にとっても、今や導入が当たり前のものとなったエンドポイントのセキュリティ対策と比較して、優先順位があまり上がってこなかったのがゲートウェイにおける防御だろう。そもそも社内にメールサーバやWebのプロキシサーバを設置していない環境が中小企業では多いかもしれない。ただ、インターネットがビジネスを遂行する上で必要不可欠なインフラになった現代においては、インターネットと社内ネットワークをつなぐ出入口にファイアウォールを設置するなど、不正アクセス対策は定番化している。しかし、ゲートウェイで不正プログラムやスパムメールを防御するという考え方は、数年前までは多くのクライアントPCを抱え巨大なネットワークを構成する大規模企業に限られたものであった。その理由としては、ゲートウェイセキュリティ専用のサーバを構築し、専用ソフトを運用しなければならないという初期投資と運用コストの大きさが挙げられる。また、わざわざゲートウェイで防御せずとも、クライアント側での対策が万全であれば大丈夫だろうという考え方も浸透していた。 しかし、2000年代初頭から発生したスパムメールの大量の流通により、企業においても社内ネットワークトラフィックの逼迫などの悪影響が懸念されてきた。また、就業時間内に社員が業務に関係のないWebサイトを閲覧し、業務効率が低下するという負の側面がクローズアップされ始めたのも同じ頃である。


カテゴリ  UTM |




 ここまでで、Facebook、TwitterなどのSNSやWindows Live SkyDrive、Dropboxなどのファイル共有について話してきた。これらはすべて、ビジネス目的で作られたアプリケーションではない。当初の目的は、コンシューマ用途だ。 コンシューマ向けに作られたものだが、ビジネスでも便利であるということが広まり、ビジネス用途でも使われるようになった。かくして、IT管理者が導入したアプリケーションではない、コンシューマ向けのアプリケーションが組織の中に大量に入り込んだ。 かつて軍事目的で米国国防総省を中心に開発されたARPAnetが元となりインターネットに進化した。多くの企業が使い始めると、もともと何の目的かということなど関係なくなり、「使わない」という選択肢はなくなった。コンシューマ目的のアプリケーションも既に、仕事のコミュニケーションに入り込んでいて、「使わない」と拒否し続けられるのも時間の問題だ。 こうなってくると、IT管理者は新しいテクノロジーをどう有効活用してビジネスを最大化させるか、セキュリティ上の懸念をどうカバーするか、必要な制限は何かを考えていく必要がある。 それでは今回の本題、「Skype」について話していこう。


カテゴリ  IP電話 | 暗号化


「インターネット 時間」に関するニュース



 キヤノン電子テクノロジーは、PC・スマートフォン・タブレット対応のインターネット入試出願システム「SCHOOL AID Web出願」を発売した。「SCHOOL AID」は、私立中学・高校向けの文教ソリューション。今回のWeb出願では、出願手続きの24時間対応や、出願受付業務の効率化を、クラウド環境で支援する。これにより、…


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インターネット 時間」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ