「インターネット プロバイダー 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「インターネット プロバイダー 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インターネット プロバイダー 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説プロバイダ(ISP)とは?

ISP(アイエスピー,Internet Services Provider)とは、インターネット接続サービスを提供している事業者のこと。電気通信事業者の一つ。接続サービスのほかにもメールサービスやWebサイト構築サービス、ブログサービスなど、幅広いサービスを展開している。大手ISPでは自社で大規模なインターネットバックボーンを運用し、併せてインターネットデータセンタを運営しているところが多い。しかし、中小ISPでは大手ISPのサービスに独自ブランドをつけてサービスを再販している場合もあり、運営形態は様々である。

「インターネット プロバイダー 比較」に関する特集



 前回述べたWebアプリケーション開発に関する市場の変化は、筆者が調べたかぎりソーシャルアプリケーションプロバイダーと呼ばれるソーシャルアプリケーションを提供している企業や、動画やゲームを提供している企業、大規模ECサイトや大規模ポータルサイトのインターネットサービスに特化した企業で特に多くなっている。 今回は、Webサイト運営企業及び開発会社別に、セキュアコーディング教育に対する取り組み状況を解説する。


カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他ネットワークセキュリティ関連




今月は、クラウドコンピューティングとIT運用の関わりについて取り上げてみたい。クラウドがブームとなってからもう何年も経つが、今日においてクラウドは新たなトレンドというよりも、私達の身の回りに定着しつつある現実として捉えた方が良いだろう。これからクラウドコンピューティングについて考えるにあたって、まず始めにクラウドコンピューティングにはどのようなものがあるのか概観してみよう。御存じの方も多いと思うが、クラウドコンピューティングには大まかに分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」がある。パブリッククラウドは、クラウドサービスのプロバイダーが基本的にインターネット越しに提供するもので、ユーザ企業は料金を支払ってサービスを利用するだけである。一方でプライベートクラウドは、ユーザ企業自身が仮想環境を構築し自社専用のクラウドサービスを利用するものである。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した利用形態を「ハイブリッドクラウド」という。今まである程度のIT機構を自社内に構築してきたユーザ企業は、ハイブリッドを選択する事になるであろう。セキュリティ等への懸念からデータを外部におけないシステムや、或いは大規模な演算処理等を行うシステムは、自社内(プライベートクラウド上、或いは旧来の独立したサーバ・メインフレーム上)に持ち、それ以外のシステム(所謂フロントエンド系のシステム)はパブリッククラウドを利用するという形態が、現実的に最も多くなると考えられる。


カテゴリ  その他運用管理関連 | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インターネット プロバイダー 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ