「インターネット プロバイダ 仕組み」から探す!IT製品・セミナー情報

「インターネット プロバイダ 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インターネット プロバイダ 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説プロバイダ(ISP)とは?

ISP(アイエスピー,Internet Services Provider)とは、インターネット接続サービスを提供している事業者のこと。電気通信事業者の一つ。接続サービスのほかにもメールサービスやWebサイト構築サービス、ブログサービスなど、幅広いサービスを展開している。大手ISPでは自社で大規模なインターネットバックボーンを運用し、併せてインターネットデータセンタを運営しているところが多い。しかし、中小ISPでは大手ISPのサービスに独自ブランドをつけてサービスを再販している場合もあり、運営形態は様々である。

「インターネット プロバイダ 仕組み」に関するIT製品情報

さくらインターネット クラウド/データセンターサービス  2013/03/31


さくらインターネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 月額 8800円(税別)〜

カテゴリ  ホスティング | ファイアウォール | ADC/ロードバランサ | データセンター運用 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  24時間365日エンジニアが常駐する自社データセンターでのサーバ運用と国内最大級の高速・大容量バックボーンにより提供される高い回線品質の専用レンタルサーバサービス

オススメユーザー  コンテンツプロバイダ、マルチテナント型のASPサイト、プロモーション用サイト構築担当者。Webサービスの開発環境にお困りの方


サイバー攻撃(DDoS攻撃)対策ソリューション 「ARBOR Pravail APS」  2014/11/11


アーバーネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | IDS | アンチウイルス

製品概要  世界の主要サービスプロバイダの多数で採用されているDDoS防御ソリューション。企業へ入ってくるインターネット・トラフィックから自動的にDDoSを検知し攻撃を無力化する。

オススメユーザー  世界を揺るがす「DDoS」の脅威から、自社のネットワーク・データセンタなどを守りたい企業。


「インターネット プロバイダ 仕組み」に関する特集



 英国のガーディアン紙が報じたところによると 、米国政府は“ネット上のコミュニケーションをモニタリングしている”とのことで、各方面で大きな波紋を呼んでいます。記事では、米国政府が大手インターネットプロバイダ、インターネットサービス企業から情報提供を受けており、我々の日々のネット上のコミュニケーション、情報のやりとり、そしてデータの共有がモニタリング、監視されていた可能性を示唆しています。日本でも「PRISM問題」として大きく報道されていますね。 ただこの情報は「可能性がある」という域を出ず、現在までに事実認定させていない状況です。そんな中でもこの問題は、我々に様々な警鐘を鳴らしていると思うのです。


カテゴリ  データセンター運用 |




 前回述べたWebアプリケーション開発に関する市場の変化は、筆者が調べたかぎりソーシャルアプリケーションプロバイダーと呼ばれるソーシャルアプリケーションを提供している企業や、動画やゲームを提供している企業、大規模ECサイトや大規模ポータルサイトのインターネットサービスに特化した企業で特に多くなっている。 今回は、Webサイト運営企業及び開発会社別に、セキュアコーディング教育に対する取り組み状況を解説する。


カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他ネットワークセキュリティ関連




今月は、クラウドコンピューティングとIT運用の関わりについて取り上げてみたい。クラウドがブームとなってからもう何年も経つが、今日においてクラウドは新たなトレンドというよりも、私達の身の回りに定着しつつある現実として捉えた方が良いだろう。これからクラウドコンピューティングについて考えるにあたって、まず始めにクラウドコンピューティングにはどのようなものがあるのか概観してみよう。御存じの方も多いと思うが、クラウドコンピューティングには大まかに分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」がある。パブリッククラウドは、クラウドサービスのプロバイダーが基本的にインターネット越しに提供するもので、ユーザ企業は料金を支払ってサービスを利用するだけである。一方でプライベートクラウドは、ユーザ企業自身が仮想環境を構築し自社専用のクラウドサービスを利用するものである。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した利用形態を「ハイブリッドクラウド」という。今まである程度のIT機構を自社内に構築してきたユーザ企業は、ハイブリッドを選択する事になるであろう。セキュリティ等への懸念からデータを外部におけないシステムや、或いは大規模な演算処理等を行うシステムは、自社内(プライベートクラウド上、或いは旧来の独立したサーバ・メインフレーム上)に持ち、それ以外のシステム(所謂フロントエンド系のシステム)はパブリッククラウドを利用するという形態が、現実的に最も多くなると考えられる。


カテゴリ  その他運用管理関連 | IaaS/PaaS


「インターネット プロバイダ 仕組み」に関するニュース



 BBIX株式会社は、「BBIX沖縄センター」を開設し、IX(インターネットエクスチェンジ)サービスの提供を8月に開始する。「沖縄センター」は、沖縄県に設置されるIXセンターで、インターネットサービスプロバイダ(ISP)やデータセンター事業者、教育機関、企業などを対象に、ユーザ間でデータトラフィックを交換す…


カテゴリ  WAN |




 アイティフォー(ITFOR)は、主にチェーン展開している企業向けに、NTTのフレッツ光ネクスト網を利用して高速ネットワーク構築サービスを提供する「アイティフォー光プラス」を発売した。アイティフォー光プラスでは、インターネットを経由せず、IPv6を使用してフレッツ光ネクスト網内だけで拠点間通信を行うことで…


カテゴリ  プロバイダ | IP-VPN




 サイバネットシステム株式会社(サイバネット)は、ISP(インターネット・サービスプロバイダ)・サービスベンダ向けに、迷惑メールの送信抑止対策ソリューション「OutB Mail」を発売した。「OutB Mail」は、乗っ取られた正規アカウントから送信される迷惑メールを早期に検知し、送信抑止を可能にするソリューショ…


カテゴリ  メールセキュリティ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インターネット プロバイダ 仕組み」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ