「インシデント発生 経営者 対応」から探す!IT製品・セミナー情報

「インシデント発生 経営者 対応」 に近い情報
「インシデント発生 対応」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インシデント発生 経営者 対応」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「インシデント発生 対応」に関するIT製品情報

サイバーインシデント対応演習サービス  2017/10/25


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連 | メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連

製品概要  「標的型メール攻撃で情報が漏えいした」などインシデントの疑似体験を通じてインシデント発生後の判断力や対応力を高めるための演習サービス。主に経営層〜管理職が対象。

オススメユーザー  CSIRTの機能、体制を整備したが万一の際の対応が不安な企業。初動間違いによる被害拡大防止、初動対応手順の周知をしたい企業。


「インシデント発生 対応」に関する特集



 前回では、個人情報漏洩インシデントについて、インシデント発生の連鎖の構造とハインリッヒの法則に類似した発生確率の分布の2つの特徴を明らかにした。最終回は、この特徴に対応した新しい視点の対策を考える。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インシデント発生 経営者 対応」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ