「インシデント IPSで検出」から探す!IT製品・セミナー情報

「インシデント IPSで検出」 に近い情報
「インシデント」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インシデント IPSで検出」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「インシデント」に関するIT製品情報

ManageEngine(R) ServiceDesk Plus  2017/05/08


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オペレータ5名でサービスデスクを運用する場合151万2000円(初年度保守サポート費用込み、税別)

カテゴリ  サービスデスク | コールセンター/CTI | プロジェクト管理 | ナレッジマネジメント | IT資産管理

製品概要  ITIL(R)準拠のサービスデスク機能を中心に、インシデント/サービス要求/問題/変更/CMDB/IT資産管理機能を備え、世界で2万社の導入実績を誇るITサービスマネジメントツール

オススメユーザー  インシデント/問題/変更管理業務を効率化したい企業導入・保守が簡単・低価格なサービスデスクツールを探している企業


RSA Archer eGRC Platform  2013/07/16


EMCジャパン

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他運用管理関連 |

製品概要  個別に管理されている情報を統合し一元化することで情報の透明性や活用効率を向上し、企業レベルでのリスク管理やコンプライアンス対応を支援する管理プラットフォーム。

オススメユーザー  リスク管理やコンプライアンス対応に関連する別々の活動を統合、優先度に基づく統合的なインシデント管理を実施したい企業。


Lookout Mobile Threat Protection  2017/03/10


ルックアウト

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 オープン価格

カテゴリ  IPS | MDM | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  未知のモバイル脅威を予測して侵入を阻止するモバイルセキュリティソリューション。マルウェア感染の可視化やMDMソリューションとの連携により、安全な運用を実現する。

オススメユーザー  迅速なインシデント対応など、安全なモバイル運用を実現したい企業。ゼロデイ攻撃や高度な脅威への対策を実施したい企業。


NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション  2017/04/22


日立ハイテクソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積りとなります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IPS | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。

オススメユーザー  標的型サイバー攻撃の検出から遮断までを自動化して迅速に対応したい企業。インシデント検出時の運用を効率化したい企業。


Senju Service Manager  2016/11/01


野村総合研究所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 SaaS版(mPLAT/SMP):月額15万円(税別)〜パッケージ版:380万円(税別)〜

カテゴリ  サービスデスク | 統合運用管理 | その他運用管理関連

製品概要  ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。

オススメユーザー  ITILに則り、日々発生するインシデントに対し、サービスデスクを効率的に運用したいシステム管理者やマネージャ。


「インシデント」に関するセミナー情報

世界中で選ばれるサイバー攻撃対策 FireEye定例セミナー

マクニカネットワークス


開催日

 9月27日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  今や情報セキュリティを考える上で欠かせない『標的型サイバー攻撃対策』。次々と様々な標的型サイバー攻撃によるインシデントが発生しています。世の中には標的型サイバー…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ|ネットワークの設計・運用


「インシデント」に関する特集



 個人情報漏洩インシデントの現状とこれまでに収集したデータから、インシデントと対策の傾向、個人情報漏洩対策の問題点や改善策を4回の連載で解説する。なぜ情報セキュリティインシデントが減らないのか、これからどのようなセキュリティ対策を目指すべきなのかを考えてみる。第1回は、2009年上半期の個人情報漏洩インシデントの調査結果から現在の状況を把握する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 第2回は、インシデントの経年変化のデータを用いて、第1回よりももう少し掘り下げた分析結果を解説する。ただし、2009年全体のデータは現在集計中のため、2008年までの経年変化データに基づいて考察する。これまでの個人情報漏洩インシデントの経年データからインシデントと対策の傾向を把握し、なぜ情報セキュリティインシデントが減らないのか、これからどのようなセキュリティ対策を目指すべきなのかを考えてみる。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回では、個人情報漏洩インシデントについて、インシデント発生の連鎖の構造とハインリッヒの法則に類似した発生確率の分布の2つの特徴を明らかにした。最終回は、この特徴に対応した新しい視点の対策を考える。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「インシデント」に関するニュース



 JIG-SAWは、同社を通して契約するマルチクラウド基盤に、セキュリティ事故に対する保険を自動的に付帯する「クラウドユーザー向けサイバーリスク保険自動付帯サービス」の提供を開始する。本サービスでは、東京海上日動火災保険との連係により、クラウドユーザーがコントロールできないインシデントが発生した際に…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | IaaS/PaaS




 図研ネットウエイブは、セキュリティ対策でネットワーク状況やインシデントを可視化するために、フォーティネット製品の集中ロギング・分析・レポーティングを容易に低価格で行える「FortiAnalyzer-VM + QNAPパック」を発売した。フォーティネット製品の1つ「FortiAnalyzer」は、統合脅威アプライアンス「FortiGa…


カテゴリ  統合ログ管理 | NAS | その他ネットワークセキュリティ関連




 ネットブレインズは、ゾーホージャパン、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと協業し、3社の製品とサービスを連係させた情報セキュリティインシデント管理ソリューション「ServiceDesk Plus CSIRTモデル」(CSIRT:Computer Security Incident Response Team)を6月1日に発売した。本ソリューションでは、ゾ…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他運用管理関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「インシデント IPSで検出」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ