「アーカイブ バックアップ 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「アーカイブ バックアップ 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アーカイブ バックアップ 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「アーカイブ バックアップ 違い」に関するIT製品情報

QNAP TurboNASシリーズ TS-EC1679U-RP  2013/06/15


フォースメディア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 112万9000円(16TB搭載 ノーマルHDD)〜※税別。※詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  NAS | iSCSI | その他バックアップ関連

製品概要  高性能・多機能・高品質のネットワークストレージ。レプリケーション機能やiSCSI接続など豊富な機能を搭載。高いコストパフォーマンスで導入コストを大幅削減。

オススメユーザー  大容量ストレージの導入コストを抑えたい企業。ファイルサーバやデータのバックアップ・アーカイブを検討している企業。


NEXSAN EシリーズV  2014/08/01


イメーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 ●E18V:154万円●E32V:311万円●E48VT:438万円●E60VT:487万円いずれも最小構成時(税別)市場実勢価格

カテゴリ  SAN | その他バックアップ関連

製品概要  高密度・高可用性・低消費電力を実現するSANストレージ。ラックスペースの削減やダウンタイム/保守コストの低減、冷却コストの削減が図れる。

オススメユーザー  スペースコストや電力コストを抑えた大容量データの保存・バックアップ・アーカイブシステムを検討中の企業


Commvaultデータ保護/管理ソフトウェア  2016/04/01


CommVault Systems Japan

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 標準ライセンス価格28万8000円〜※最小構成/税別

カテゴリ  バックアップツール | データ検索ソフト | 暗号化

製品概要  オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

オススメユーザー  「複数製品の組み合わせ」でうまくいかないデータ管理の問題を解決したい企業。


「アーカイブ バックアップ 違い」に関する特集



「バックアップしていればOK」はカン違い!?メールアーカイブの基礎から、導入のメリット、最新事情を徹底解説します!


カテゴリ  メールアーカイブ |




 バラクーダネットワークスでは、メールセキュリティとストレージ・バックアップ製品のラインアップが数種類ありますが、未だに「バックアップとアーカイブはどう違うのか」という質問を受けるケースがあります。システム管理者の皆さんは、この違いを理解していると思いますが、上長・決算権を持つ人に稟議を上げる際、どちらが適切なソリューションであるのか、説明を求められる場合もあるかと思います。そこで今回は、バラクーダネットワークスが考える、メールの「アーカイブ」と「バックアップ」の違いについてご説明したいと思います。


カテゴリ  バックアップツール | メールアーカイブ




 前回の記事では、メールのアーカイブとバックアップの違いについてご紹介しましたが、今回は、バラクーダネットワークスのお客様事例から、実際にメールアーカイブを導入している企業で、どのような利用をされているのか、ご紹介したいと思います。


カテゴリ  メールアーカイブ |


「アーカイブ バックアップ 違い」に関するニュース



 ソニーは、低コストでカートリッジ容量3.3TBの記録が可能なオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ「ODC3300R(追記型)」と、平均2Gbps(毎秒250MB)以上のデータ転送が可能な8チャンネル光学ドライブユニット「ODS-D280U」を、8月末に発売する。今回のオプティカルディスク・アーカイブは、映像制作分野…


カテゴリ  その他ストレージ関連 | その他バックアップ関連




 富士通株式会社は、アーカイブデータの保存に適した光ディスクライブラリであるデータアーカイバー「FUJITSU Storage ETERNUS DA700」の提供を8月31日(予定)に開始する。「ETERNUS DA700」は、最小構成時に光ディスクを1824枚格納でき、データ容量は、RAID 0でデータを書き込んだ際の物理容量で520TB、最大構成…


カテゴリ  その他ストレージ関連 | その他バックアップ関連 | その他データセンター関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「アーカイブ バックアップ 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ