「アーカイバルディスク」に近い情報
「アーカイ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アーカイ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アーカイ」に関する記事情報

「PC」シェア(2018年第3四半期) : シェア情報アーカイブ:

国内の法人向けPCの出荷台数は前年同期比19.1%増の197万台で、2四半期連続で20%近い伸びを見せた。Windows 10移行に伴うPCリプレース需要はいつまで継続するのか。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第2四半期) : シェア情報アーカイブ:

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比0.2%増の383億6200万円だった。前年同期と比べて1位以外の順位が全て入れ替わった。

老舗RPAベンダーの野望 「第三の労働力」のインテリジェント化とは? : イベントレポートアーカイブ:

2001年に創業した英Blue Prismは、主要なRPAベンダーの中では最古参の部類に入る。インテリジェント機能を強化した最新バージョンは業務自動化に何をもたらすのか。

無料LINE WORKSはサイボウズLive代替グループウェアになる? : イベントレポートアーカイブ:

無料グループウェアとして人気の「サイボウズLive」のサービス終了が迫る。乗り換え先に名乗りを上げたLINE WORKSはグループウェア的機能のほとんどを無料で開放する。

「サーバ」シェア(2018年第2四半期) : シェア情報アーカイブ:

2018年第2四半期の国内サーバ市場は1159億円で2四半期ぶりにプラス成長に転じた。中心となったx86サーバは6四半期連続での成長だ。トップベンダーはどこだ?

請求書の山から脱出した管理部門がこっそり教える「RPAを使いこなすワザ」 : イベントレポートアーカイブ:

堅調に売り上げを伸ばすある成長企業は、毎月の請求書の山に苦しむ。だが、RPAを効果的に導入することで、管理部門の処理は劇的に変わった。大きな効果を生むためには、導入するだけではなく「一工夫」が必要だという。

PayPayだけじゃない LINE Payは使う側にどんなメリットがある? : イベントレポートアーカイブ:

増税と同時に実施が検討される「キャッシュレス決済でポイント還元」案。中小規模の商店や小売り店にとっては「どう対応するか」が課題になる。LINEが決済サービスに加え、事業者サポートサービスを発表。競合がひしめく中、LINEらしさを打ち出した。「そもそもLINE Payで何ができるか」から見ていこう。

PayPayだけじゃない LINE Payは使う側にどんなメリットがある? : イベントレポートアーカイブ:

増税と同時に実施が検討される「キャッシュレス決済でポイント還元」案。中小規模の商店や小売り店にとっては「どう対応するか」が課題になる。LINEが決済サービスに加え、事業者サポートサービスを発表。競合がひしめく中、LINEらしさを打ち出した。「そもそもLINE Payで何ができるか」から見ていこう。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第2四半期) : シェア情報アーカイブ:

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。一方、世界市場では同期比5.5%増と市場を拡大している。違いはどこにあるのか。

「タブレット」シェア(2018年第2四半期) : シェア情報アーカイブ:

国内タブレット市場出荷台数は前年同期比23.0%減の176万台だった。成長が鈍化した理由は何か。再加速するための施策とは?

「アーカイ」に関するIT製品情報

過去40年分のメディアデータ検索を高速に、注目されるアクティブアーカイブとは

クラウディアン株式会社

映像コンテンツのデジタル化・高解像度化が進み、検索性の高いアーカイブへのニーズが急速に高まっている。だが、ローカルやクラウドのストレージではコストやセキュリティに課題が残る。そこで注目され始めたのが「第三の選択肢」だ。

IoT活用に向けた大容量データの蓄積、今 磁気テープが注目される理由とは?

富士フイルム株式会社

企業が保存するデータが爆発的に膨れ上がる中、コールドデータのアーカイブメディアとして、磁気テープが注目を集めている。その理由は、メディアとしての高い信頼性と、容量当たりのコストが他メディアに比べて圧倒的に低いことだ。

進化する磁気テープストレージ、8割を占めるコールドデータの長期保存で脚光

富士フイルム株式会社

データの爆発的な増加を受けて、その8割を占めるコールドデータの長期保存が課題になっている。そのアーカイブ先として再注目されているのが、安全・安価な磁気テープストレージだ。海外の導入事例からその魅力を探る。

“旧式メディア”のイメージは古い? 進化した磁気テープが再評価される理由

富士フイルム株式会社

かつての磁気テープは壊れやすく、読み書きも遅い“旧式メディア”とのイメージが強かった。実は、今やそれらの課題は解消され、データの大容量化時代に適したアーカイブメディアとして再評価され、国内外の多くの企業で採用されている。

「備え」か「保管」か、目的で使い分けたいバックアップとアーカイブの違い

富士フイルム株式会社

ストレージの運用効率やコストを最適化するには、目的の整理がポイントになる。災害など思わぬデータ消失に備える「バックアップ」と、大量のコールドデータを長期的に保管する「アーカイブ」で要件やコストが大きく異なるからだ。

「アーカイ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。