「アリスタネットワークス 野田」から探す!IT製品・セミナー情報

「アリスタネットワークス 野田」 に近い情報
「アリス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アリスタネットワークス 野田」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「アリス」に関するIT製品情報

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」  2016/09/25


アプレッソ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本パッケージ:一括支払導入 30ユーザ 30万円より月額支払導入 30ユーザ 1万8000円/月より※税別

カテゴリ  グループウェア | EAI | SFA

製品概要  複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。

オススメユーザー  複数のグループウェアやSFAがありスケジュールの二重確認の手間に困っている部門、グループウェアの移行手段が必要な部門や企業


「アリス」に関する特集



 アイデンティティ管理と並んで、IT内部統制やセキュリティ管理策として重要なものとして、アクセスログ管理がある。アクセスログは読んで字のごとくアクセスした履歴(記録)であり、すでに実行済みの行為が問題ないかを管理するものである。それに対してアイデンティティ管理は実行する前の前提条件を定義し、それを元にアクセスを事前に制御(制限)し事件・事故が起こらないようにするものであると考えると、アイデンティティ管理は「予防的対応」、アクセスログ管理は「発見的対応」と分類することができるだろう。


カテゴリ  ID管理 |




 前回はWeb誘導感染型マルウェアの概要を説明した。 Web誘導感染型マルウェアでは攻撃者が感染ホストを長生きさせるため、また攻撃手法やそこで使用されるファイルを解析させないために様々な技術を用いている。その中でも今回は、マルウェアが設置されているサーバ上に実装されているアクセス制御と、JavaScriptの難読化について紹介する。 (なお、記事で説明するのはあくまでサンプルの機能であり、すべてのWeb誘導感染型マルウェアがここに記載したすべての機能を実装しているわけではない。)


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「アリス」に関するニュース



 株式会社ホットリンクは、ソーシャルメディア(SNS)上で風評被害や誹謗中傷、情報漏洩などのソーシャルリスク発生をいち早く検知して報告する「ソーシャルメディアリスクアラート」の提供を開始した。「ソーシャルメディアリスクアラート」は、炎上件数の多いTwitterや2ちゃんねるで、ユーザ指定のキーワードと不…


カテゴリ  フィルタリング | ソーシャルメディア分析




 ACCESSは、主に介護システムを開発・販売する事業者向けに、介護記録支援システム「ケアリス」の提供を開始した。本システムは、スマートフォンやタブレットを用いてチャットのスタンプを押す要領で活動履歴を自動生成できる仕組みを提供する。介護職員が入浴や食事といった介護作業に対して、その場で専用スタンプ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 社内SNS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「アリスタネットワークス 野田」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ