「アプライドマイクロ プラットホーム X-GENE」から探す!IT製品・セミナー情報

「アプライドマイクロ プラットホーム X-GENE」 に近い情報
「プラットホーム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アプライドマイクロ プラットホーム X-GENE」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「プラットホーム」に関するIT製品情報

2X ApplicationServer XG  2015/03/31


オクムラ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 同時接続クライアントライセンス 2万9700円(税別)※最小購入ライセンス数:15ユーザ

カテゴリ  VDI | タブレット | スマートフォン | リモートアクセス | その他仮想化関連

製品概要  仮想デスクトップとアプリケーションを、1つのプラットホームからシンプルに管理することで、運用・管理の負荷を低減できるシンクライアント用のサーバーソフトウェア。

オススメユーザー  仮想デスクトップやアプリケーションの公開に関わる運用・管理業務の負荷を、最小限に抑えたい企業。


「プラットホーム」に関する特集



エンタープライズ分野で、かつて一世を風靡していた「モビリティ」とは、ブラックベリーが開発した「メールやカレンダーへのアクセス」だけでした。しかし、ほんの数年前からその状況が180度転換し、一部の上層部が「ブラックベリーを持ちながら、メールとカレンダーをチェックして効率化を図る」というエリート的なモビリティは終結を迎えることとなりました。そのかわり、企業の誰もが企業の様々なリソースに簡単にアクセスし、活用する世界が出現しました。モビリティが高く、かつ、ソーシャルに動く社員は、お気に入りのスマートフォンやタブレットを仕事に持ち込みました。このような働き方が進み、いつしか、「BYOD (Bring Your Own Devices)」という言葉が生まれました。外に出て、ひとに会い、そして効率化を図る。イノベーション、コネクティビティを加速させるために、自らのデバイスを持ちこみ、かつ通信料を各自で支払うという現象が起きています。


カテゴリ  暗号化 |


「プラットホーム」に関するニュース



 ぷらっとホーム株式会社は、ソフトバンク株式会社のLTE回線に対応した小型サイズのIoT(Internet of Things)マイクロサーバ「OpenBlocks IoT BX3L」の出荷を9月(予定)に開始する。価格はオープン価格。「OpenBlocks IoT BX3L」は、ソフトバンクの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」への対応により広域…


カテゴリ  その他サーバー関連 | その他ネットワーク関連




 Zabbixは、オープンソース統合監視ソフトウェアの新版「Zabbix 3.0」を搭載したアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5300/ZP-1300」の2製品の提供を開始した。「ZS-5300/ZP-1300」は、Linux/UNIX/Windowsの各種サーバやネットワーク機器の監視を一元的に行なえる。ぷらっとホーム社の小型でファン…


カテゴリ  統合運用管理 | その他サーバー関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「アプライドマイクロ プラットホーム X-GENE」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ