「アプライとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「アプライとは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アプライとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「アプライとは」に関するIT製品情報

syslog-ng Store Box (SSB)  2016/05/01


ジュピターテクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 バーチャルアプライアンス 96万円〜アプライアンス(T1) 440万2600円〜※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | フィルタリング | データ分析ソリューション | サーバー管理

製品概要  高速で大量ログの保存/分類/検索が可能なsyslogサーバアプライアンス。設定作業やログへのアクセスはWebベースのインターフェースで容易に行なえる。

オススメユーザー  コンプライアンスの強化、膨大なログを安全かつ厳密に管理したい企業。素早く導入・利用できるsyslogサーバをお探しの企業。


Shell Control Box (SCB)  2016/05/09


ジュピターテクノロジー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 バーチャルアプライアンス:325万円〜アプライアンス(T1):468万円〜※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | 検疫 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | アクセス解析

製品概要  サーバー・PCの操作を監視し、操作画面を記録・検索・再生。画面記録は完全な監査証跡となり、コンプライアンス・監査対策に最適。バーチャルアプライアンスも選択可能。

オススメユーザー  内部不正による情報漏洩対策を検討している企業社内機密情報へのコンプライアンス及び監査目的のセキュリティ対策が必要な企業


スパム/ウイルスメール/メール誤送信対策 Terrace Spam Watcher  2013/02/28


ダウジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■アプライアンス版 通常:120万円〜(税別)※ソフトウェア版・仮想アプライアンス版(VM版)もあり:オープン価格

カテゴリ  メールセキュリティ | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  スパム対策/誤送信防止対策/フィルタリングなど、メールセキュリティに必要な機能を1台で実現する統合型メールセキュリティ・アプライアンス

オススメユーザー  ●既存のスパム対策製品の機能・コストが不満の企業●メール誤送信対策を行いたい企業●セキュリティレベルを向上させたい企業


スパムメール/誤送信対策アプライアンス 「SpamSniper」  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 アプライアンス版・仮想アプライアンス(VA)版 ともにオープン価格※初年度分の製品保守料金が付属。(オンサイト保守除く)

カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  ・チューニングフリーでスパムメール検知率96%以上、誤検知率ほぼ0%・情報漏洩、誤送信対策機能を搭載・ユーザ数無制限・バイパスカードが標準搭載

オススメユーザー  ●現在のアンチスパム製品に不満の企業●メール誤送信対策を行いたい企業●複数ドメインを1台で管理したい企業やISP/CATV事業者


クラウドストレージ「CloudDataBank」  2014/10/31


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●アプライアンスサービス(アプライアンス機器+クラウドストレージ+ハードウェア保守)初期費用:10万円月額費用:5万円〜※税別

カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイルサーバ | その他ストレージ関連 | バックアップサービス

製品概要  専用アプライアンスを併用することによって、万全のセキュリティを装備したクラウドストレージサービス。既存のネットワーク環境に変更を加えず、シンプルな導入が可能。

オススメユーザー  膨大な企業内データの管理にクラウドストレージを活用したいが、セキュリティ面での不安があり、導入を思いとどまっている企業。


「アプライとは」に関する特集



 豊富なセキュリティ機能を提供するUTMアプライアンスだが、多くの機能を一括で提供するからこそ選択する際に注意が必要である。そこで今回はUTMアプライアンスを選択するポイントを見ていこう。


カテゴリ  UTM |




 前回までにUTMアプライアンスの特徴や選択のポイントをみてきた。今回は、UTMアプライアンスの導入と運用における注意点を解説していく。


カテゴリ  UTM |




既存のUTMからのリプレイスなどを中心に拡大しているUTMアプライアンス市場。複数機能の活用が進む中、シェア1位のベンダは?


カテゴリ  UTM |


「アプライとは」に関するニュース



 ティエスエスリンクは、情報漏えい対策ソフトの新版「セキュアプライム FE Ver.5.0」「セキュアプライム UFE Ver.5.0」「セキュアプライム DC Ver.6.0」を発売した。使いやすい操作性でファイルやUSBメモリのセキュリティ対策を行える。「セキュアプライム FE」は、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップする操…


カテゴリ  暗号化 |




 レノボ・ジャパンは、DataCore Softwareと協業し、SDS(Software-Defined Storage)アプライアンス「Lenovo Storage DX8200D」を発売した。コストパフォーマンスに優れ、仮想化にも適したブロックストレージを提供する。本製品は、レノボのサーバにDataCoreのSDSソフトウェア「SANsymphony」を搭載したアプライアン…


カテゴリ  ストレージ仮想化 | SAN




 デジタルテクノロジー(DTC)は、ランサムウェアなどの脅威からクライアントPCを保護するセキュリティ対策アプライアンス「DR-ENTERPRISEシリーズ RE」の提供を開始した。オープン価格。本製品は、データ管理ソフトウェア「Commvault」とカスペルスキーのセキュリティ対策ソフトウェアをバンドルしたアプライアン…


カテゴリ  バックアップツール | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「アプライとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ