「アサーション 意味」から探す!IT製品・セミナー情報

「アサーション 意味」 に近い情報
「アサー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アサーション 意味」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「アサー」に関するIT製品情報

NetApp FASシリーズ  2012/06/26


丸紅情報システムズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 210万9000円(FAS2240-4、12x1TB)より※税別

カテゴリ  ファイルサーバ | サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | バックアップツール

製品概要  サーバの統合や仮想化を支援するストレージシステム。あらゆる環境に対応する柔軟性を兼ね備え、SAN/NAS一体化や大容量構成も低TCOで実現する。

オススメユーザー  分散するストレージをまとめたい、サーバの仮想化や冗長化を行いたい、バックアップを容易にしたい企業・団体。


リアルタイムバックアップ・リカバリソリューション QQR  2016/03/15


クオリティソフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 110万円(税別)※詳しくはお問い合わせ下さい。

カテゴリ  バックアップツール | サーバー管理

製品概要  CDP方式のリアルタイムバックアップを採用し、障害発生直前までのデータのバックアップ/リカバリが行える。導入・運用も低コストで、更に短時間での迅速なリカバリが可能。

オススメユーザー  従来のバックアップにかかる手間とコストを削減したい企業。サーバ統合によるバックアップの変更を検討している企業。


Systemwalker Service Catalog Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。(個別見積もり)

カテゴリ  開発環境/BaaS | サーバー仮想化 | シンクライアント | サーバー管理 | 統合運用管理 | 開発ツール

製品概要  企業内の業務アプリケーションを短期間でSaaS化、共有できる環境を提供するソフトウェア。開発・提供期間の短縮が可能で、関係会社へ提供する際に利用料金の明確化も可能。

オススメユーザー  サーバ集約・仮想化/クラウド環境で、業務アプリケーションの共有を検討している企業。


Systemwalker Software Configuration Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | 認証 | データセンター運用 | ネットワーク管理

製品概要  クラウドにより動的に配備したリソース情報の自動収集・管理が実現するソフトウェア。サーバへのパッチ配付/適用も一元管理可能。システム管理者の作業負担を軽減する。

オススメユーザー  サーバ集約/仮想化環境で、動的に変更されるサーバリソース管理作業負担が増加。サーバ管理の負荷軽減と効率化を検討中の企業。


Windows Server 2012  2012/09/26


日本マイクロソフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  Windows | サーバー仮想化 | その他サーバーOS | VDI | SDN | 統合運用管理

製品概要  ●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。

オススメユーザー  旧アプリケーションを、最新ハードウェアに移植して利用し続けたい、既存資産を活かし低コストで仮想化&統合を進めたい企業


「アサー」に関する特集



出荷金額が前年比111.8%増の約21億6200万円、2008年度は51.7%増の約32億7900万円と予測されるサーバ仮想化ソフトウェアシェア


カテゴリ  サーバー仮想化 |




サードウェーブコーヒーの先駆けとして知られる「ブルーボトルコーヒー」。昨年、日本進出を果たし、清澄白河の店に長い行列を作った。そんなブルーボトルコーヒーの海外展開の流儀とコミュニケーション法とは…?


カテゴリ  グループウェア | Web会議




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「アサーション 意味」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ