「アイコンカルテ」に近い情報
「アイ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アイ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アイ」に関する記事情報

RPAをやる時間もない――多忙すぎるメタルワンの「ロボットコンテスト」奮闘記 : 事例で学ぶ! 業務改善のヒント:

従業員にRPA活用を取り組むよう仕向けるにはどうしたらよいのか――「ロボットコンテスト」という一風変わったアイデアで、全社の”RPA熱”を高めた企業がある。

インターネット分離の“困った”を解決する最新製品の実力は? : IT導入完全ガイド:

業務ネットワーク環境とインターネット接続環境を異なるセグメントとして扱う「インターネット分離(アイソレーション)」。2つの最新製品に注目した。

業務効率を落とさない「インターネット分離」の基礎 : IT導入完全ガイド:

標的型攻撃などのサイバー脅威対策として「インターネット分離(アイソレーション)」に注目が集まる。本稿では3つの方式について整理してみよう。

用語解説:ディープラーニング(Deep Learning、深層学習) : 困ったときのビジネス用語:

AIを活用したビジネス開発が活発だ。なかでもディープラーニングは注目を集めているが、その理由は? 私たちの業務はどう変わる? どこで使える? 基礎知識から技術応用のアイデアまでを解説する。

NTT研究所の先端技術を集約し事業拡大を狙う「NTTテクノクロス」誕生 : イベントレポートアーカイブ:

NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新会社が誕生した。NTTの研究所の技術を集約したNTTテクノクロスは今後どんなソリューションで市場開拓を狙うのか?

クラウド時代はIDがますます重要に、オラクルが新サービスを提供 : KeyConductors:

クラウド普及に伴って重要性が高まるアイデンティティー管理を、オラクルのクラウド基盤上で実現する2つの新製品を投入する。

ミズノが考えるゴルフクラブ作りの「最適解」 : KeyConductors:

今日のクラブ作りの匠は、3D CAD設計と解析を繰り返し「飛ぶアイアン」を作るために必須な最適化処理ができなければならない。

AIを利用するだけならデータサイエンティストはもう要らない? : KeyConductors:

米Salesforce.comが自然言語処理や深層学習などの機能を組み込んだAI「アインシュタイン」を発表した。

“走りながら考える”プロジェクト管理に必要な機能とは? : IT導入完全ガイド:

アイデアが競争力の源泉となる現代では、「走りながら考える」開発スタイルに対応したプロジェクト管理手法が求められる。アジリティ重視のプロジェクト管理は従来とどう違うのかをツール実装から見ていく。

「アイデンティティー管理ツール」シェア(2010年度) : シェア情報アーカイブ:

2010年度、プラス推移となった「アイデンティティー管理ツール」市場。その理由とは? シェア情報を紹介する。

「アイ」に関するIT製品情報

DevOpsにまつわる「10の誤解」 役立つ場合と役立たない場合では何が違うのか?

日本アイ・ビー・エム株式会社

アジャイルなビジネスの必須条件となったDevOpsだが、この動きは発展途上にあり、他のトレンドと同じように誤解が付きまとう。本項では、ビジネスニーズや機能の考察、導入事例などビジネス中心のアプローチからDevOpsの本質に迫る。

運用コストを大幅削減し、かつ複雑なIT環境の運用保守を容易にする方法とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

さまざまなベンダーの製品が混在するマルチベンダー IT環境では、管理・運用のワークロードとコストの増大が課題だ。これを解決するのが、多種多様なハード・ソフトの運用保守の窓口を一本化し効率化する「マルチベンダー・サービス」だ。

現場のデータ活用文化を踏襲し強化する新BIツールを導入

株式会社クロスユーアイエス

象印マホービンでは、基幹システムのオープン環境への移行に伴い、同社の「現場のデータ活用(EUC)」のコンセプトを踏襲でき、ニーズに合致した新BIツールを導入した。

BIツールで開発費用低減と多彩な基幹システム帳票機能を実現

株式会社クロスユーアイエス

大平洋機工では、基幹システム再構築に合わせ、BIツールも刷新。最新のデータを用いた柔軟なデータ活用が可能になり、多様な基幹システム帳票作成にも役立っている。

管理会計にも貢献 現場のデータ活用文化を加速するBIツール

株式会社クロスユーアイエス

福助は、基幹システムのオープン環境移行に伴い、BIツールを刷新。社内の複数データベースからの柔軟なデータ利用ができ、同社の「データ活用文化」がより拡大している。

「アイ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。