「とうどう」に近い情報
「とう」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「とう」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「とう」に関する記事情報

とある大企業から請け負った仕事をしていたらテロリストに間違われた件:491st Lap : 金曜Black★ピット:

まっとうな企業から正規に請け負った仕事をこなしていただけなのにテロリスト扱いされてしまった、という「ちょっと何言ってるのかよく分からない」事案が発生したそうで、話題になっている。

ライセンス監査を受けた企業の60%以上で追加費用が発生 : すご腕アナリスト市場予測:

ソフトウェアに関するライセンス監査では、実施企業の60%以上で追加費用が発生するという結果が出た。監査の実態に迫る。

NTT研究所の先端技術を集約し事業拡大を狙う「NTTテクノクロス」誕生 : イベントレポートアーカイブ:

NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新会社が誕生した。NTTの研究所の技術を集約したNTTテクノクロスは今後どんなソリューションで市場開拓を狙うのか?

日本企業も注目する「Hyperledger Fabric」とは何か : イベントレポートアーカイブ:

世界的なIT企業や製造業だけでなく、日本の大手金融機関やSIerも注目するオープンソースの分散台帳ソフトウェア開発プロジェクトが日本で始めて「Meetup」を開催。最新の動向を追う。まずは基礎情報を整理しよう。

便利な無線LANにつきまとう新たなセキュリティリスク : セキュリティ強化塾:

無線LANを導入する企業が半数を超えた。だが、デバイスの進化が新たなセキュリティリスクを生じさせている。

Officeソフトウェアの利用状況(2016年)/後編 : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。Officeソフトの「何」をメインで使っているか、今後どのような機能がほしいかが明らかになった。

Officeソフトウェアの利用状況(2016年)/前編 : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。「柔軟な働き方のための道具は欲しいけれど、できれば使わずに済ませたい」という読者のホンネが明らかになった。

ソフトウェア資産管理でできるリスク管理とコスト削減、億円単位の請求を受けないために : IT導入完全ガイド:

大企業で4億円、中小企業で1億円の賠償請求。そんなリスクから逃れるために必要なソフトウェア資産管理の4つの台帳を紹介する。

仮想化時代のソフトウェア資産管理、ライセンス違反で億円単位の請求も? : IT導入完全ガイド:

Oracle DBやVMなどのライセンス管理はしっかりできているか。煩雑化しがちなサーバ仮想環境のライセンス管理を怠ると数億円レベルの請求があるかもしれない。

どう使える? 何が違う? いまさら聞けない「SDN」 : IT導入完全ガイド:

ITインフラ運用自動化の最後のピースだった「ネットワーク」。ソフトウェアで定義できるようになると、情シスの業務は何がどう変わるのか?

「とう」に関するIT製品情報

超高速開発ツールによるアプリ開発で開発者の意識改革を促進

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

永谷園は賞味期限確認業務の効率化と自動化を目的に、マルチデバイス対応の超高速開発ツールを導入。モバイル開発環境の整備や開発担当者の意識変革につながった。

VBA開発比で生産性は2~10倍に。社内のカイゼン意識も向上

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

吉田プラ工業は社内システム開発の生産性を上げるために超高速開発ツールを導入。Excel VBAで開発していた頃と比べて、生産性は2~10倍ほど向上したという。

追加開発なくSAP ERPと新システムを連携し業務改革を実現

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

学研は出版物流パッケージをSAP ERPのフロントエンドとして機能させるために、SAP用コネクターを備えた連携ツールを採用。市販受注業務の効率と品質が向上した。

SharePoint連携基盤で新システムへのデータ移行費がゼロに

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

J建築検査センターでは、新システム導入後も旧システムの案件をSharePointと連携して可視化しながら漸次終了させることで、データ移行費用不要で新システムを稼働させた。

SalesforceとIBM iとのシステム間連携で業務省力化を促進

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

サステックはSalesforceと基幹システムのIBM iを連携させるために、コーディングレスのデータ連携プラットフォームを採用。全社的な作業負荷軽減に貢献している。

「とう」に関する新着セミナー

レイクサイドソフトウェア「実践SysTrackセミナー」 Windows 10移行のベストプラクティスと働き方の見える化

レイクサイド ソフトウェア株式会社

2018/12/12(水)13:30~16:30

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 仮想化 | 情報システム | 運用管理

「とう」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。