脱Excel

「脱Excel」とは「Microsoft Excel」に頼っていた業務の一部を他のツールに移行して業務の効率化を図ることを指す。  Excelは業務への適用範囲が広いことから、表計算だけでなく帳票、見積書、資料、名簿、議事録、日報などの作成や進捗管理などに利用されている。しかし、複数人で共同編集ができないことや、世代管理に手間がかかることなどから課題に挙がることが多い。また、マクロについても便利な機能ではあるものの、知識がなければ作成や修正ができず、作業が属人化するといった問題もはらんでいる。そこで、それぞれの業務に最適化されたツールを導入し、これらの課題を解決に導く“脱Excel”の取り組みが注目されている。  本ページでは、Excelを活用した業務に課題を抱える企業に対し、導入事例や実態調査、各ソリューションの導入ポイントといったトピックスを中心に、「脱Excel」の気になる情報を一挙に紹介する。

TopStory

イベントレポートアーカイブ:

リクルートが手掛けるモバイルPOSレジアプリ「AirREGI」、販売パートナーと受発注の管理をExcelで行っていたが、脱Excelを決意。その後同社がパートナーと作り上げたコラボDB、その驚くべき成果とは。

(2017年6月26日)

調査レポート

IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員313人を対象にアンケート調査を実施した。導入しているバージョンや活用方法などExcelの利用実態が明らかになった。

(2018年1月11日)
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員313人を対象にアンケート調査を実施した。満足度や他のツールへのリプレース意向などExcelの利用実態が明らかになった。

(2018年1月18日)

IT製品導入ガイド

IT導入完全ガイド:

Excel作業は何がダメなのか? Excel方眼紙や集計、分析、進捗管理などでExcelを活用すると何が問題なのか。業務アプリ開発プラットフォームによる脱Excelの方法を紹介する。

(2018年3月5日)
IT導入完全ガイド:

Excelをフル活用中の企業は、マクロの改修や共有に課題を抱えている。解決法に業務アプリ開発プラットフォームが挙げられるが、どのようにExcelから移行できるのか。

(2018年3月12日)
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。