コラム
» 2019年01月10日 08時00分 公開

その言動が社員をダメにする:休職者の穴を埋めるストレス

残念ながらメンタルヘルス不調者が出てしまった職場。人事部門や産業医と相談しながら対応を進めますが、現場では抜けた1人の穴埋めが大きな課題となります。最終回は管理者の役割について考えてみましょう。

[村田佳子,パナソニック ソリューションテクノロジー]

本コラムは2016年10月18日に掲載した「休職者の穴を埋めるストレス〜その言動が社員をダメにする」を再編集したものです。

 あなたの部下であるCさんがメンタルヘルス不調となり、休職することになりました。Cさんが担当していた仕事は、あなたを含め、今いるメンバーで補う必要があります。

 日頃から忙しく働くメンバーに、さらに負荷を掛けなければいけなくなりました。あなたはCさんが担当していた業務の役割分担を各メンバーに指示しましたが、重要なプロジェクトは部署で1番信頼のおける優秀でまじめなDさんにお願いしました。

 快く引き受けてくれたDさんはいつも通り要領よく対応し、不満1つ言わずに仕事をこなしていました。気に掛けた同僚が手伝うことを申し出ても、この仕事は自分が任されているからと1人で対応していました。

 あなたもDさんに負荷が掛かり大変だとは認識していましたが「優秀だから大丈夫だろう」と考えていたのです。しかし彼の負担もピークに達し、ストレスからの体調不良、遅刻や簡単なミスなどメンタルヘルス不調の前兆が表れてきました。

 Dさんがメンタルヘルス不調にならないためにできることは、一体何でしょうか?

「気合いで頑張ろう!」はダメ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。