Special
» 2018年12月05日 10時00分 公開

ユーザーを引きつける情報を提供するために:「読んでもらえないコンテンツ」に悩む企業、原因はどこにあるのか

Webが広まったことで、エンドユーザーに対する企業のアプローチ方法は多様化した。今やメディア企業に頼らず、自社で積極的に情報を発信する企業もあるようだ。だが、適切かつ正しい情報を提供するには注意すべき点がある。

[PR/キーマンズネット]
PR

 もはや、Webをビジネス展開やマーケティング戦略に活用することが当たり前の時代だ。従来はマスメディアの活用が主流だったが、最近では企業自らが持つ「オウンドメディア」から情報を積極的に発信している。単なる製品やサービス紹介だけでなく、付随するノウハウなども発信することでファンの心をつかむのだ。

 当然、制作するコンテンツの良しあしが重要になる。全てを外注する企業もあれば、クラウドソーシングを活用して複数の制作者をプロジェクト単位で雇用し、内製する企業もある。すると、製品名や技術名称、表現に差が生じることが多い。メディア企業のような校正部門を持たない一般企業でコンテンツの品質を確保するのは至難の業だ。

 出来の悪いコンテンツで自社のファンを増やせるだろうか。本稿では、限られたリソースでコンテンツの品質を高める方法を紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年2月10日