調査リポート
» 2018年12月04日 08時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「サーバ」シェア(2018年第2四半期)

2018年第2四半期の国内サーバ市場は1159億円で2四半期ぶりにプラス成長に転じた。中心となったx86サーバは6四半期連続での成長だ。トップベンダーはどこだ?

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調査によれば、2018年第2四半期(4〜6月)の国内サーバ市場規模は1159億円で、前年同期14.3%増と2四半期ぶりにプラス成長に転じた。出荷台数は11万6000台で前年同期6.3%増だった。

 x86サーバは売上額ベースで前年同期比27.7%増の936億円、出荷台数ベースで同6.4%増の11万4370台だった。6四半期連続で前年同期比プラス成長となった。主に官公庁や文教での大口案件が成長を後押しした。

 同社のアナリストは「x86サーバの平均単価が上昇したことにより国内サーバ市場を下支えした。x86サーバの平均単価上昇は、搭載するプロセッサーのコア数上昇、これに伴うメモリや内蔵ストレージの容量増加が背景にある」とコメントする。

 メインフレームの売上額は前年同期比38.7%減の132億円、出荷台数は同3.7%増の1110台だった。3四半期連続で前年同期比2桁のマイナス成長となった。

 ベンダー別の市場占有率(出荷額ベース)は、1位が23.4%で前期に続いて首位を守った。テクニカルコンピューティング用途のx86サーバが好調だった。2位は14.3%、3位は13.0%、4位は8.8%、5位は7.8%と続いた。

サーバシェア 2018年第2四半期 サーバ売上額(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。