調査リポート
» 2018年11月27日 08時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第2四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。一方、世界市場では同期比5.5%増と市場を拡大している。違いはどこにあるのか。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調査によれば、国内における2018年第2四半期(4〜6月)のウェアラブルデバイスの出荷台数は、前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。法人需要が強いリストバンド型端末が前年同期比37.5%減と大きく出荷を減らしたことが要因の1つだ。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)をみると、1位のベンダーは23.0%だ。前年同期は2位だったが、出荷台数80.6%増で順位を逆転した。2位のベンダーは前年同期比5.1%減で21.1%になった。以下、3位が18.6%、4位が18.1%、5位が5.3%と続く。

ウェアラブルデバイス出荷台数シェア 2018年第2四半期 ウェアラブルデバイス出荷台数シェア(出典:IDC Japan)

 世界的にみるとウェアラブルデバイスの出荷台数は前年同期比5.5%増の2788万台だ。特に新興国では前年同期比14.0%増と成長した。安価なリストバンド型端末の出荷が好調で、スマートウォッチも市場の拡大が軌道に乗り始めている。

 日本を含む先進国市場では前年同期比6.3%減だった。シンプルな機能を持つウェアラブルデバイスのニーズが縮小し、スマートウォッチのような多機能なものを求めている。しかし、スマートウォッチの伸びがリストバンド型端末の落ち込みをカバーできなかったことが要因だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。