特集
» 2018年11月07日 14時30分 公開

市場成長予測アーカイブ:急速に成長するRPA市場、今後求められる機能とは?

2017年度のRPA市場の売上額は前年度比4.4倍の35億円だった。2018年度も同2.5倍と高い成長が見込まれる。

[キーマンズネット]

 労働力不足を解消し、業務効率化に寄与すると注目されるRPA(ソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化)。アイ・ティ・アールの調査によれば、2017年度のRPA市場の売上額は前年度比4.4倍の35億円だった。2018年度も同2.5倍と高い成長が見込まれる。

RPA市場成長 RPAおよびOCR市場規模推移および予測(出典:ITR)

 同社では、2017年度から2022年度までの5年間の年間平均成長率(CAGR)を62.8%と予測し、2022年度の市場規模は400億円に達する。同社シニア・アナリストの舘野真人氏は「2017年度は一部の業種で先行していたRPAツール導入の動きが、他業種へも広がった年」と指摘し、「2018年度は、試行段階にある企業での本格稼働が進むことから、市場は大きく拡大する」とコメントする。

 RPAは、手作業によるデータ入力業務でOCRとの連携が進む。OCRは、AI活用による認識精度やデータの自動抽出機能が向上し、従来限定的だった企業での導入が見直されている。RPA導入を機に業務システム全体の見直しを検討する企業も増加し、BPM(ビジネスプロセス管理)や(ビジネスルール管理)の導入を検討する企業も出始めている。

 今後、RPA市場は参入するベンダー間の競争激化が予想できる。その結果、製品単価の低下や一部の先進ユーザー企業のリプレースが見込まれる。舘野氏は「今後、大規模稼働に対応したロボットの管理、ガバナンス機能を持つ製品の需要が高まる」と分析する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。