連載
» 2018年11月07日 10時00分 公開

RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 前編 (1/2)

企業の高品質なRPA運用を支援するコンサルタントが、本当にあったRPAの事故の原因に切り込み、トラブルのない"優等生ロボット”をどのように実現するのかを解説する。

[菅 仁,SHIFT]

著者紹介:菅 仁(すが ただし)

SHIFT ビジネストランスフォーメーション事業本部 技術推進部 RPA推進グループ グループ長

大手電機メーカーで半導体検査装置の開発に従事。エンジニアとして装置の品質向上に取り組むとともに、開発プロセス改善にも尽力。その後、製造業を主要顧客とするコンサルティング会社で、多くの企業の企業価値向上および業務効率化に向けた業務支援に取り組む。SHIFTでは、エンタープライズ領域の大型プロジェクトを中心に、ソフトウェアの品質保証業務に関わるサービス開発を担当。現在は、RPA推進を専門とする部門の責任者としてRPAの導入から運用まで、企業が抱えるさまざまな課題の改善、RPAロボットの品質保証業務に注力している。共著として、「開発力白書 2012(株式会社iTiDコンサルティング)」がある。

 経費精算処理にRPAを活用する企業で、月末にRPAロボット(以下、ロボ)が稼働していなかったと発覚した。経費精算書の新フォーマットにロボを対応させていなかったことが原因で、ロボが停止したのだ。未処理を警告するアラート機能を持ち合わせていなかったために発覚も遅れ、結果的に翌月の給料日に支払いが間に合わないというトラブルに発展した。

 現在、2017年ごろから急速に増えてきた国内企業のRPA導入、検証数もピークを越え、一段落したといえる。導入を果たした企業が次のフェーズとして、全社へのRPA展開を進めはじめている。すると同時に、以上で紹介したようなトラブルが浮上し、開発や運営の課題が浮き彫りになってくる。

 SHIFTは、ソフトウェアの品質保証およびテストの専門企業として、金融機関や保険会社、大手流通系企業や自動車メーカーに至るまで、さまざまな領域における企業のITシステムやソフトウェアの品質と向き合ってきた。そのノウハウを基に、2017年ごろからは、RPAロボットの開発や運用に関する多くの相談を受けるようになり、専任部署を立ち上げRPA事業に取り組んでいる。

 本寄稿では、全社規模で展開した際にもトラブルをおこさないRPAを「高品質なRPA」とし、どのように実現できるかを解説する。「高品質なRPA」を実現するためには、RPAプロジェクトを担う現場部門が企画、設計、開発、テスト、運用の各フェーズで留意すべき点がある。要は問題をおこさない優等生のロボットをどう育て、彼らとどう付き合っていけばよいのかという話だとイメージしていただければよい。

 今まさにRPAの全社展開に課題を抱えている企業の方はもちろんのこと、今後RPA導入に着手しようとしている企業の方々にも事前に考慮しておいていただきたい内容だ。

 第1回となる今回は、目指すべき高品質なRPAとは何か、その実現のためにプロジェクトの各フェーズで必要な取り組みは何か、全体像を紹介したい。なお、世の中ではRPAツールで開発されたロボットを、ソフトロボ、bot、Digital Labor、シナリオ、Digital Workforceなどさまざまな呼称で呼ぶが、本寄稿ではRPAロボット(略称、ロボ)と称することにする。

なぜRPAの品質を確保する必要があるのか?

 起こりがちなトラブルの事例をもう少し説明しよう。図1は、ある経費精算処理に関わるロボの作業フローを図にしたものである。このロボの設定ファイルには、ある致命的な間違いが潜んでいる。お分かりだろうか?

図1 ロボの設定ファイルの悪い例 図1 ロボの設定ファイルの悪い例
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。