ニュース
» 2018年11月06日 10時00分 公開

イベントレポートアーカイブ:RPAが放置される……GMOクリック証券、ロボット内製化への逆転劇 (1/3)

現場でRPAの活用が進まない――RPA導入に課題を抱えたGMOクリック証券は、ある施策によってRPA化をしぶる従業員の心をつかんだ。

[土肥正弘,ドキュメント工房]
GMOクリック証券 情報システム部 古澤和也氏 GMOクリック証券 情報システム部 古澤和也氏

 RPAを導入したものの、現場ユーザーが使いこなせず宝の持ち腐れになってしまう――こうした課題を抱えるRPA導入企業は少なくない。RPAは内製化することで大きな効果が期待できる一方、エンドユーザーにとってRPAは新規のツールであり、活用には心理的ハードルも高い。

 ネット証券大手のGMOクリック証券も、同様の課題を抱えていた。導入初期には業務の棚卸しにつまずき、ロボットの稼働実績が生まれないという事態に陥ったという。

 しかし、現場がRPAを使いやすいよう、またロボットの効果や利便性を認知できるようにと行った仕掛けによって事態は大きく変わった。今では、現場ユーザーの間でRPAの関心度が高まり、ロボット活用に向けて部門を超えたナレッジの共有やコラボレーションが進んでいるという。「RPAが使われない」と嘆いた同社が、ロボット内製化のための土壌を築くために何を行ったのか。RPAテクノロジーズ主催のユーザー会「第1回 BizRobo! CAMP!!」にて、GMOクリック証券 情報システム部の古澤和也氏が語った。

業務を棚卸しできない、RPAが現場に使われない…出だしでつまずいたRPA導入

 2018年8月に東京で行われた「第1回 BizRobo! CAMP!!」。RPAツール「BizRobo! BasicRobo」を提供するRPAテクノロジーズが、BizRobo! BasicRoboを導入したユーザー企業で情報共有を図るユーザーコミュニティーを発足させたことを受け、導入企業の事例講演と交流会を目的に開催したユーザー会だ。そこでは、BizRobo! BasicRoboを導入したユーザーが一堂に会し、各社の苦労話やノウハウを共有していた。GMOクリック証券もユーザー企業の1社として登壇し、RPAを導入した際に経験した“つまずき”と、その解決策を語った。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。