特集
» 2018年10月09日 10時00分 公開

市場成長予測アーカイブ:ITシステム管理ツールはSaaS型が急成長、その領域は?

2017年のITシステム/サービス管理ソフト市場規模は約2707億円だった。企業はクラウドの運用管理の効率化に向けて投資を拡大している。シェア1位となったベンダーとは?

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調査によると、多くの企業で基幹システムなど従来型ITシステムの管理のための投資だけでなく、クラウド環境上に構築したITシステムの管理に向けて新たなツールの導入が拡大した。特にITリソースやアプリケーションの状況を監視するソフト、ITサービスのプロビジョニングやワークロード管理を自動化するソフトの導入が進む。

2017年の市場規模は約2700億円、トップベンダーは?

 ITシステムやサービスを管理し、運用するためのツールの2017年の市場規模は2706億7600万円(前年比成長率2.8%)だった。ベンダー別の売上額シェアでは日立製作所が1位を獲得し、NEC、富士通、IBM、野村総研と続いた。

 2017年から2022年までの年間平均成長率(CAGR)は4.0%で、2022年には3292億円まで成長するとみられる。主にクラウド環境上のITシステムの運用管理需要が市場をけん引する。同社では、アプリケーションとITサービスの最適化や管理、それに関連する管理プロセスの自動化ソフトの活用が増えると予測する。また、システムログやパフォーマンスデータなど大量の情報を分析し、運用を最適化するツールのニーズ増も見込まれる。

国内システム/サービス管理ソフトウェア市場予測 図1 国内システム/サービス管理ソフトウェア市場予測:2017年〜2022年(出典:IDC Japan)

 SaaS型のシステム管理ソフト市場は今後5年間で急成長が見込まれる。2017年の売上額は72億300万円(前年比成長率50.5%)だった。サービスナウがITサービス管理分野を中心に大手企業に導入されSaaS市場のシェア1位になった。2017年から2022年までのCAGRは34.9%で、2022年の市場規模は322億円と予測する。

 同社では、「欧米のシステム/サービス管理市場ではSaaSが主流いなりつつある」とし、国内でも「初期コストの低さや保守が必要ないところ、最新の管理機能が使えるところなどSaaSのメリットに気付いた国内企業の導入がこれから急速に増えていく」とコメントする。

国内システム/サービス管理SaaS市場予測 図2 国内システム/サービス管理SaaS市場予測:2017年〜2022年(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。