調査リポート
» 2018年09月11日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「マネージドプリントサービス」シェア(2017年)

オフィス内の印刷環境を最適化するマネージドプリント市場に成長鈍化の気配がある。その理由は何か。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調査によれば、2017年の国内マネージドプリントドキュメントサービス(MPDS)の市場の売り上げ実績は、前年比5.4%増の598億円だった。

 MPDSは、オフィス出力環境の現状を分析した上で、最適な出力環境を構築し、継続的に維持、運用するアウトソーシングサービスである。導入することで、出力環境に関するTCOの把握と削減、出力管理業務の効率化などの効果を期待できる。同市場は、IDCが調査を開始した2009年以来、常に前年比成長率10%前後で継続的に成長を続けてきたが、2017年は5.4%増にとどまった。

 ベンダー別の市場占有率(売上額ベース)を見ると、1位のベンダーは58.5%、2位は17.9%、3位は13.1%で、上位ベンダーのシェアに大きな変化はなかった。これは、MPDSのコモディティ化によってベンダー間の差別化が難しくなったためと考えられる。

「マネージドプリントサービス」シェア(2017年) (出典:IDC Japan)

 MPDSのコモディティ化に伴って、ニーズの高いユーザー企業への販売が一巡したこと、また多くのベンダーがMPDSをベースとしたソリューション提供の価値を訴求しきれていないことなど、複合的な要因が成長鈍化の原因であるとみられる。デジタルトランスフォーメーション(DX)によって大きく変化しようとしている市場の潮流に従って、今後、MPDSにも新たな働き方を支援するような価値提供が求められてくるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。