特集
» 2018年09月10日 10時00分 公開

IT導入完全ガイド:「Office 2010」サポート終了まであと2年、Office 365、G Suite導入で見落としがちな5つの注意点 (1/3)

「Office 365」や「G Suite」といったクラウドオフィススイートを導入するのに重要なのは、機能やコストだけではない。導入に当たり盲点となりがちな5つの注意点とは?

[小池晃臣,タマク]

 2010年に発売されたマイクロソフトのオフィスパッケージ「Office 2010」も2020年でサポートが終了する。現在もOffice 2010を利用する企業は、そろそろリプレースを検討する時期でもある。そこで検討の視野に入るのがクラウドオフィススイートの「Office 365」と「G Suite」だが、パッケージ型からクラウド型へ移行するには、幾つか注意すべき点がある。そこで、本稿では「Office 365」や「G Suite」を導入するに当たり、見落としがちな5つの点とサービス選定や導入時に押さえておきたい両サービスの違いなどについて解説したい。

「Microsoft Officeの2020年問題」って何?

 Windows 7の延長サポートが2020年1月14日に終了することは広く知られているが「Microsoft Officeの2020年問題」をご存じだろうか。Office 2010も2020年10月13日をもって2015年10月から続いていた延長サポートが終了する(図1)。セキュリティプログラムや機能追加といったフルサポートを提供するメインストリームサポート期間を終え続いていた延長サポートの終了により、セキュリティ更新プログラムの提供もなくなる。そのため、Office 2010ユーザーは「Office 365」や「G Suite」などのクラウドオフィススイートに切り替えるなど、今後の対応を考える必要がある。

 キーマンズネットによるアンケート調査「オフィススイートの利用状況(2018年)・前編」によると、Microsoft Officeを利用するユーザーのうち約3割が現在も「Office 2010」を利用している。そのため、Office 2010ユーザーはそろそろリプレース計画を検討したいところだが、オフィススイートの移行は、計画から移行後の運用までにそれなりの期間を要する。そのため「Microsoft Officeの2020年問題」をスムーズに乗り越えるためには、早い段階からクラウドオフィススイートなどへの移行に取り組むことが重要になる。

Microsoft Officeのサポート終了期日 図1 Microsoft Officeのサポート終了期日(資料提供:内田洋行)

コラム:マイクロソフト製品のサポート期間は発売後から約10年間

 今までマイクロソフト製品は、発売後5年間のメインストリームサポートに加え5年間の延長サポートが提供されてきた。まだ先ではあるが「Office 2013」は2023年に、「Office 2016」は2025年にサポートが終了することも覚えておきたい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。