特集
» 2018年08月27日 10時00分 公開

IT導入完全ガイド:Windows Server 2008/2008 R2を使い続ける「裏技」、今からチェックすべき6項目 (1/3)

2020年1月がサポート期限とされていたWindows Server 2008/2008 R2には、それ以降も使い続ける裏技がある。ただし使い続けるには「ある条件」が必要だ。急いで移行するか、じっくり移行するか?

[原田美穂,キーマンズネット]

5年も猶予を与えたのに……「間に合わない人たち」向けの緊急措置も

 Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了まで、あと1年半ほどになった。前編でも紹介したが、あらためてサポート終了のスケジュールを見ておこう(図1)。

 Windows Serer 2008/2008 R2は既にメインストリームサポートを終えており、現在は次のバージョンへの移行猶予期間として設定された「延長サポート」期間に当たる。そして、2020年1月14日がこの延長サポート終了の期日だ。しかし先の記事で触れたように、現時点でも国内で約50万台のWindows Serer 2008/2008 R2が稼働している状況だ。

図1 Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了は2020年1月 図1 Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了は2020年1月(出典:日本マイクロソフト)

 こうした実情を踏まえ、日本マイクロソフトでは2020年以降もさまざまな事情でWindows Server 2008/2008 R2を利用せざるを得ない企業も存在することを前提に、一定の条件(後述)を満たすユーザーにはさらにサポートを延長する措置を用意している。

 ただし、猶予期間を延長できる可能性はあるが、移行計画そのものを先延ばしにすることはできないと考えた方がよいだろう。というのも「延長サポートの延長」が期待できる条件はMicrosoft Azureへの移行が前提となるからだ。当然サーバアップグレードの期間に猶予はあるが、クラウドへの移行そのものは期日までに完了している必要がある。

 こうしたことを考えると、2018年度内には移行計画策定のための調査や手続きに掛かる工数などは見積もっておくべきだろう。2019年春には何らかの移行あるいはアップグレードプロジェクトを開始できているのが理想だ。次項では、延長サポートの延長が適用される条件、猶予を適用するかどうかを決断する際に判断すべき項目などを整理する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。