調査リポート
» 2018年08月07日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「法人向け軽量ノートPC」シェア(2017年)

重さ1.2キロ未満かつバッテリー駆動時間8時間以上の法人向けノートPCの出荷台数は49万台。シェア1位となった国産ベンダーとは?

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調査によれば、2017年に出荷された国内法人向けノートPCのうち、重さ1.2キロ未満かつバッテリー駆動時間8時間以上の軽量・長時間バッテリー駆動型ノートPCの出荷台数は49万台で、国内法人向けノートPC市場の31.5%を占めた。

 同市場の前年比成長率6.4%に対し、軽量・長時間バッテリー駆動型ノートPC市場は同比61.5%増だった。背景に、テレワークなどに対する関心の高まり、企業でのフリーアドレス制度の浸透、デスクトップPCからノートPCへの切り替えなどの動きがあると考えられる。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーは54.2%。アナログVGAコネクタや有線LANコネクタの内蔵が市場の評価を得て出荷を伸ばしたとみられる。続いて2位のベンダーは17.2%、3位のベンダーが8.0%と、上位3社で市場の約8割を占めた。

「法人向け軽量ノートPC」シェア(2017年) (出典:IDC Japan)

 働き方改革に伴うモバイルワーカーの増加やフリーアドレス制度を導入する企業の増加といった傾向に伴い、今後も軽量・長時間バッテリー駆動型ノートPCの出荷は増加すると考えられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。