ニュース
» 2018年07月10日 10時00分 公開

イベントレポートアーカイブ:自動化ロボットは減税対象? 2018年、激動のRPA事情 (1/2)

RPAツール「WinActor」の販売を手掛けるTDCソフトの佐野弘幸氏が、RPAを取り巻く最新事情とともに、導入に成功した企業はどのようなポイントを押さえているのかを解説した。

[二瓶 朗,グラムワークス]

 2017年は一部のメガバンクや大企業での導入が中心であったRPAも、2018年には規模や業種を問わず、あらゆる企業が着手するトピックとなった。「自動化するロボット」が減税対象となるなど、RPAを取り巻く状況が日々変化し、多くの情報に混乱する企業もあるだろう。

TDCソフト イノベーション営業部 エグゼクティブマネージャー 佐野弘幸氏 TDCソフト イノベーション営業部 エグゼクティブマネージャー 佐野弘幸氏

 RPAツール「WinActor」の販売を手掛けるTDCソフトのノベーション営業部 エグゼクティブマネージャー・佐野弘幸氏は、RPAを取り巻く最新事情とともに、「導入に成功した企業はどのようなポイントを押さえているのか」解説した。また、ツール選定に悩む企業に向けて、RPA12製品の特長や価格を表で紹介。同社の知見の一部を共有している。

 本稿は、2018年6月15日、TDCソフトが主催した「第2回RPAカンファレンス」における講演「働き方改革とRPA活用法、事例 RPA各種製品の特長と最適なRPA選定」の内容を要約したものだ。

RPA、導入成功企業は何が違う?

 TDCソフトは、NTTデータが提供する「WinActor」の販売および導入支援を通じて企業のバックオフィス業務の効率化、自動化の支援を行う。同社内でも既にRPAを導入しており、複数の書類を用意して申請する必要のある「代理申請業務」の効率化を実現したという。佐野氏は、RPAの導入パターンと導入を成功させている企業の特長を説明した。

 RPAの導入経緯は「経営層からのトップダウン対応」と「現場からのボトムアップ対応」の2つのパターンが存在し、比較的トップダウンで導入を進める前者のケースが多いという。

 RPA導入を成功させている企業の特長としては、「業務部門とIT部門がタッグを組んでいる」「運用ルールや体制が考えぬかれている」「最適なツールが選択されている」「CoE(Center of Excellence)などRPA運用の専門部隊が設置されている」ことを挙げた。

 自社での導入を踏まえ、ロボット化を依頼する部門とRPAシステムを実装する部門がお互いに認識をすりあわせてから、シナリオ設計、実装、テストといった段階を経て、実装に向けてシステムの開発を進めることの重要性も強調する。

RPA導入の契機 図1 RPA導入の契機
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。