特集
» 2018年07月09日 10時00分 公開

IT導入完全ガイド:保留や転送、スマートフォンでどうやるの? クラウドPBXサービス運用の現実 (1/5)

クラウドPBXサービスやスマートフォンによる内線化を実現するために必要な脱PBX、脱固定電話の仕組み。その具体的な機能ついて画面を見ながら紹介する。

[酒井洋和,てんとまる社]

 働き方改革への対応やPBX更改などがきっかけとなり、音声ネットワークの見直しを進める企業は多い。その際の新たな環境として注目されるクラウドPBXサービスやスマートフォンによる内線化を実現する脱PBX、脱固定電話の仕組みについてこちらで紹介した。そこで今回は、クラウドPBXサービスやFMCサービスの具体的な機能を見ていきながら、サービス選びのポイントについて見ていきたい。

クラウドPBXサービスの基本的な機能

 まずはクラウドPBXサービスが提供している機能について、その主だったものを紹介しよう。従来のPBXであれば当然備えている機能だが、固定電話とスマートフォンので操作の違いがあるため、画面を見ながらその流れを紹介していきたい。

内線・外線機能

 社内との内線発着信や社外への外線発着信といった、最も基本的な機能の1つ。発信については、ダイヤルの代わりとなるキーパッドから直接番号を入力するか、事前に登録された電話帳から相手を指定してタップすることで発信することができる。発着信履歴から相手を選択するといった方法など、通常のスマートフォンでの運用と同じ動きが可能だ。

トップ画面トップ画面 (左)図1 NTTコミュニケーションズ(右)図2 エス・アンド・アイ
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。