ニュース
» 2018年04月24日 10時00分 公開

イベントレポートアーカイブ:「これ、本当に翻訳できたのかな…」63言語を翻訳するIoT端末

 ソースネクストは、音声入力を使った翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」が、4月23日からスポーツクラブNASが運用するスポーツクラブにおいて、外国人利用客への接客に活用されることを発表した。

[溝田萌里,ITmedia]
翻訳デバイス「POCKETALK」 図1 翻訳デバイス「POCKETALK」

 対話相手との会話をリアルタイムに翻訳できるドラえもんの秘密道具『ほんやくこんにゃく』を実現させたサービスはいくつかある。その中でも、スマートフォンや、端末におけるアプリのダウンロードが必要なデバイスがあるのを知っているだろうか。ソースネクストが提供する「POCKETALK(ポケトーク)」だ。

 ソースネクストは、音声入力を使った翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」が、4月23日からスポーツクラブNASが運用するスポーツクラブにおいて、外国人利用客への接客に活用されることを発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。