特集
» 2017年10月10日 10時00分 公開

セキュリティ最初の一歩:サポート終了のOffice 2007、残された台数は? (1/2)

2017年10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了する。今後は、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含む全てのサポートがマイクロソフトから受けられなくなる。

[キーマンズネット]

 多くの業務で利用されている「Microsoft Office」だが、2017年10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了する。今後は、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含む全てのサポートがマイクロソフトから受けられなくなる。

 つまり、サポート終了以後に発見された脆弱(ぜいじゃく)性に対して、同社からの解決策は得られない。悪意のあるものが「残されたOffice 2007ユーザー」を狙った攻撃を仕掛けてくることも予想され、非常に危険な状態に陥る可能性がある。

国内の40万台以上のPCで「Office 2007」が稼働中

 トレンドマイクロの調査によれば、2017年9月末時点でOffice 2007が稼働しているPCは約40万台。Officeユーザーの8.6%がサポート終了を目前に控えても、依然としてOffice 2007を利用している。

 ただし、これはトレンドマイクロの個人向けセキュリティ製品ユーザーのうち、システム情報の送信に同意した日本国内ユーザーが対象の調査であることに留意したい。この数字には、必ずしも法人ユーザーが含まれていないため、あらためて自社のOffice資産の洗い出しは必須だろう。

Office 2007の利用状況(出典:トレンドマイクロ)

 日本マイクロソフトでは、Office 2007ユーザーに対して、最新バージョン(「Office 2016」や「Office 365」など)への移行を勧めている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。